« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月30日 (日)

ウィンカー不調

以前からたまに調子が悪かった我が相棒のウィンカーbearing 先週の山中湖からの帰り道に完全に不調になっちまいましたcrying ウィンカーランプは点灯するものの付きっ放しで、点滅してくれません。以前はウィンカーを付けたり消したりしたら直ったのですが、だんだん症状が悪化してきました。

そこで今日はミニツーリングがてら、お世話になっているお店までお出かけしてきましたdownwardright 車とかバイクの故障って、いざお店で修理してもらおうと思うと症状が出なくなって困ることが多いのですが、今回も案の定ウィンカーは快調に作動しており、お店の方も症状が出ない限りは手の打ちようがなさそう・・・。仕方がないので、「悪化したらまた見せにきます。」とお店の人にお伝えし、帰路につきました。

箱根近辺は渋滞気味・・・pout そこで200円払って箱根新道に乗った直後、走行車線に合流しようとおもってウィンカーを出すと、ここにきて症状が再発crying そのまま帰ろうか悩んだのですが、やっぱりお店に引き返すことにsad そのままUターンしたので、またもや料金所で200円払う羽目になっちゃいましたcoldsweats02

お店の人に見てもらうと、リレーの接触に問題がある様子。とりあえずリレーの交換部品を注文しておいてもらうことになったので、復活は来週以降になる模様です。

お家には、すでに我が相棒を2010年モデルもどきへと変貌させるためのブツが待機中なのですが・・・(EVOぶさんに感謝) しばらくはオアズケ状態となりそうですwobbly

Ktm

なんと、イタリア製だそうですhappy01 イタリア製品を買うのって何年ぶりだろうかsign02

Ktm2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月24日 (月)

Buellクラブツーリングで山中湖へ

昨日は、お世話になっているお店が主催のBuellクラブツーリングに参加してきました。これまで、ツーリングといえば友人2~3人程度が最大のワタクシにとって、いわゆるマスツーリングというのは初めての経験で非常に楽しみhappy01 憧れの千鳥走行を夢見て、自宅を8時前に出発し、お店に向かいましたscissors

お店の駐輪場にはすでに数台のBuellがとまっており、おのずとテンションアップup 結局、総勢15台程度のBuell(Rが2台、ユリ1台、残りは全部S)と一緒に山中湖へ向かうことになりましたsun

いつもは気ままなソロ走行を楽しむことが多いですが、同じバイクに乗った人たちと一緒に走るのもまた格別の楽しみがありますwink 前から後ろからのBuellサウンドに包まれ、快調に山中湖へ向かっていたのですが、途中から道が大渋滞crying こうなると原則追い抜き禁止のマスツーリングは修行 or 拷問の様相ですcoldsweats02 今まで涼しいところばかりを走っていたので気にならなかったフレーム隙間からの熱風も、この日ばかりはガニマタ状態を強制されますspa 徐々にクラッチも重くなり、普段からニュートラルに入りにくい我が相棒は、ここぞとばかりに頑固に1~2速を行ったり来たり・・・。 先ほどまで心地よかったBuellサウンドは、15台分のファンの騒音の大合唱にsweat01 なんやかんやで休憩場所のコンビにたどり着きました。

コンビニでも勇ましいファンの音を奏で続けるBuell軍団

Touring1

写真を見た嫁さん曰く、虫(バッタ)の大群みたいと・・・

Touring2

そんなこんなで何とか渋滞も解消し、山中湖近辺の涼しい風を受けて生き返りつつ、目的地に到着しました。

目的地の「遊メディア山中湖」

Touring3

なかにはこんなものも展示されてます

Touring4

山中湖では、おいしいバーベキューやジンギスカン、デザートにケーキまで頂きつつ、他のBuellオーナーの方々の楽しいお話をお伺いし、充実した時間をすごすことが出来ましたconfident 色々ありましたが、マスツーリングの楽しさに目覚めた一日でしたgood

ちなみに、先日購入したシートバックは、走行中にがたつく事も無く、なかなか良い感じでしたshine 欲を言えば、もう少し収納力があれば良いのですが、相棒Buellのスタイリングにもマッチしているので良しとしますwink

Bag1

Bag3

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009年8月22日 (土)

ツーリング前夜(シートバック購入)

明日はお世話になっているショップが主催してくださるBuellクラブツーリングの日happy01 天気も良さそうで楽しみですsun とはいえ、ツーリンググッズをあまり持っていないワタクシcoldsweats01 以前の富士五湖めぐりでは、リュックサックに荷物をつめて行ったのですが、夏場は背中が汗だくになるので避けたいものです・・・sweat02 そこで沼津のBYQというバイク用品店にバッグを物色に行きました。

我が相棒Buellは、タンクが樹脂製、さらにはXB9SXの場合はタンク上部にこれまた樹脂のガードがついています。(アクロバット&スタント走行の際に、足を載せる場所との噂sign02)したがって、タンクバックは非常に取り付けにくいのが実情ですweep 残るはシートバックかサイドバックなのですが、ほとんど日帰りツーリングがメインのワタクシにとって、左右セットのサイドバックは大きすぎます。そこでシートバックに狙いを絞って物色しましたが、これまた曲者のBuellちゃん、XB9SXはタンデムシートがめっちゃ小さく、後ろ側が思いっきり絞り込まれているため、大柄なシートバックは付きそうにありませんdown

このBlogにコメントを下さるiyamateyoさんが素敵なシートバックを付けてらっしゃるのですが、同じものは店には無い様子・・・coldsweats01 そんなこんなで店員さんにも相談しつつ、なんとか取り付けられたのがTANAX(MotoFizz)のスポルトシートバック(MFK-096)という一品sign01 小ぶりなサイズにシンプルデザインで気に入りましたが、それでもやはりシートが小さすぎ、通常の取付け方法では厳しい様子・・・。結局、前のベルトはシートに、後ろのベルトはリアフェンダーに通すことで、邪魔にならない位置に取り付けることが出来ました。(取付け後の写真は明日撮る予定です。)

購入したシートバック(MotoFizz スポルトシートバッグ)

Bag1

帰宅後、早速ツーリングの容易をはじめましたが、カッパ、デジタル一眼レフ、カーナビ、タオル、財布、携帯、キャップを収納すると、早くも満杯shine とはいえ、日帰りツーリングには重宝しそうな大きさです。

Bag2

明日のツーリングが楽しみな、遠足前夜の小学生気分のジョン吉でしたdog

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

浜松駅でGSX-R発見!!

実家帰省&出張三昧で久しぶりの更新です。

先日のBlogにて、浜松駅の構内に新型V-maxが展示されていることを書きましたが、その一方で通路を挟んだ反対側のスズキブースにはビッグスクータしか展示されておらず、大型バイク好きのワタクシは少々寂しい思いをしたのでしたが、久しぶりに浜松駅に立ち寄ったところ、こんなイカスバイクに展示が変更されていましたsign01

祝8耐優勝scissors GSX-Rsign03 かっちょえ~~です。

Suzuki1

GSX-Rらしいフロントビュー

Suzuki2

マフラーは当然のヨシムラsign01 ちょっと変わった形です。

Suzuki3

ブレーキレバーの穴あけ軽量化がシブイ

Suzuki4

カウルについた汚れが激戦を物語ります。

Suzuki5

バイク人気の低下がささやかれる今日この頃ですが、どちらのブースにも結構人が来ています。このような展示によって少しでもバイクに興味をもつ人が増えればよいなぁと思いました。(Eric Buell殿、浜松にBuellを展示してはいかがでしょうかsign02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

相棒に友達が・・・

今日は朝からまずまずの天気sun 我が相棒Buellちゃんにも友達を作ってあげるべく、ブログにコメントを下さったひできさんと箱根にお出かけしてきました。我が相棒の青Buellちゃんは2006年生まれの4歳児、ひできさんの赤Buellちゃんは2009年生まれの1歳児ということで、微妙にファッションセンスが違いますgood

年下の友達ができて嬉しそうな我が相棒

Blue_red

青Buellちゃんがいささか時代おくれの銀色のフレームを身にまとっているのに対して、赤Buellちゃんは流行色の黒がバッチリきまっています。細部も仕上げもかなりお洒落になっており、3年という時の流れを感じてちょっぴり凹み気味sign01 最新モデルの黒フレームは写真で見るよりもずっとオススメの一品ですnote

新型のかっこ良さにチョッピリやられたのもつかの間、これまたブログにコメントを下さっているEVOぶさんのS1 Buellともお会いすることが出来ましたcatface  S1 Buellは2台のXBよりもずっと年上なのですが、ワタクシのBuellよりもずっとピカピカで、カスタム度も満点、大人の魅力と色気がムンムンでしたshine カッチョエ~~です。

今日はお二人にお会いできて本当に楽しい一日だったのですが、相棒とともにカスタム地獄に落ちていきそうな予感・・・coldsweats02 まずはミラーとウィンカーをフムフム、そのうちフレームとカバーをニャンニャン・・・、帰ってきてから妄想が止まりませんsmile

お二方、また是非ご一緒させてください。ありがとうございましたhappy01

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2009年8月 3日 (月)

Benly90 不調・・・

やっとこ梅雨が明けたのか、久しぶりのお天気で朝から富士山が見えましたsun というわけで、週明けのブルーな気分を振り払うべく、裾野へ引っ越してからは初めてのバイク通勤をしてみましたcar 最近は新しい相棒Buellに心を完全に奪われてしまったワタクシ、めっきり乗らなくなってしまったBenly(CD90S)に乗ってみることにしましたcoldsweats01

案の定、バッテリーはすでに上がってましたempty が、キックを踏み続けること数回、さすが名車カブと同じエンジンだけあって、あっさりエンジンがかかりましたgood ウィンカーの点滅が弱々しいのが気になりますが、とりあえず会社のある御殿場に向けて出発しましたupwardright

走り始めると、今まで聞こえなかったような異音・振動の嵐・・・

(1)アクセルを戻すと、クランクケースあたりから「チリリ~~ン、チリチリリ~ン」

(2)エンジンを高回転まで回すと、車体全体が「ゴォォ~~ブンブンブ~ン」

以前は楽々60km/h巡航できたのですが、今日は上り坂だと40km/hがやっとこcrying メンテナンス不足がたたったのか、ワタクシのBuellへの愛情の注ぎっぷりにヘソを曲げてしまったのか・・・。何とか無事に出社&帰宅しましたが、根本的な修理&メンテナンスが必要なようですsign01

とはいえ、車体周りはDIYできても、エンジン本体には手をつけたことのないヘタレなワタクシにとって、エンジンの異音は荷が重いです。思い切って、噂のシナエンジン(中国製)をオークションで購入すべきか? それともこれを機にボアアップキットを組み込むのか? なんて言いつつ、その予算はどっから出るのか? 悩みがつきません・・・catface

Benly

心なしか機嫌が悪そうなBenlyちゃん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

嬉しいことと、悲しいこと

今日は昼過ぎから天気が良くなってきたので、相棒といつものコースで箱根まで行ってきましたhappy01 山頂のパーキングで一休みしていると、年季の入ったBMW R1000に乗っている方が休憩しにこられ、バイク談義に花が咲きましたsun 聞くところによれば、すでに20年以上が経過したバイクだそうですが、独特のメカメカしさとなんともいえない存在感があり、素敵なバイクでした。そうこうしていると、今度は最新型のBMW K1300Rに乗っている方が入ってこられ、またまたバイク談義sign01 異型のコンビネーションランプなど近未来的なデザインが迫力満点shine そのまま大観山PAまで一緒に走ってもらえることになりましたhappy01 やはり走りなれた方の後ろを走ると安心感があり、自分のライディングに集中できます。また日を改めて、グルメツーリングにでも行きましょうとの約束をしてお別れしましたが、バイクという趣味を通じて色々な方に出会える楽しみを満喫できた一日でした。

一方、悲しいこともありました。大観山PAからの帰り道に、ガードレールに花を手向ける人たちの姿を見ました。何人かの方は涙を流しておられました。バイクという楽しい趣味が、ひとつ間違えれば周りの人を悲しませる結果になるということを痛感しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、「無事に家に帰ること」が何より大事なことだということを改めて思い直しました。

夕方に帰宅後、いそいそと夕食をとり、裾野市の花火大会へと出かけましたimpact 関西に住んでいたときには、花火大会=地獄ってな感じで、窒息しそうなくらいに混雑した交通機関を乗り継ぎ、蒸し暑い中で汗だくになって花火を見るのが恒例でしたが、ここ裾野市では近所の市役所から会場まで無料のシャトルバスが出ており、会場も標高が高いので涼しく、非常に快適に花火を楽しむことが出来ましたhappy01 本当に裾野市ってところは住みやすくて快適ですlovely まだまだ色々なところへ転勤することになると思いますが、裾野市が自分の終の棲家の有力候補になりそうな今日この頃ですgood

Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »