« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

桜吹雪のはずが、本当の吹雪・・・

今日はお日柄も良く、通勤途中に桜の写真でも撮ろうとカメラを持って会社にいったところ、昼前から天気が怪しくなり、雪がポツリポツリ・・・。その後、会議だなんだでバタバタしているうちに、いよいよ大雪になってしまいましたcoldsweats02 

チョッと前に桜の開花宣言などをテレビで見て、安心しきってスタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻したばかりだと言うのに・・・・snow

結局、15時ごろに会社を早退しても良いという指令が出たのですが、ワタクシは会議で居残り決定・・・weep 18時ごろにやっと開放され、イソイソと家路についたのですが、外はまさに雪国でしたtyphoon

クリスマスのような町の風景

Tree

ノーマルタイヤに換えたばっかりの愛車なのに・・・

Car

雪かきしようと思ったところ、何故かワタクシの愛車のトランクの上には、怪しげな形状の雪だるまが・・・。近所のいたずらっ子の仕業な可能性10%、先に帰ったアホな同僚の仕業な可能性90%ですsmile

駐車場から出れるかどうか不安でしたが、トラクションコントロールを解除して無理やり発進し、なんとか脱出することが出来ましたscissors 帰り道は不安でしたが、ちょっと山を下ると雨に変わり一安心sign01 やっぱり富士山ってすごいなぁと改めて感じた一日でしたfuji

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

デジタルカメラマウント製作

最近、オンボードカメラが流行っていますねwink Go-Proなどは凄く面白そうなのですが、先日ニューカメラに散財してしまったワタクシには、さらに新たなカメラを買う余裕はありませんcoldsweats02 そこでお古のLUMIXを相棒に装着すべく、デジタルカメラマウントをDIYで製作してみました。(なにせ市販品のマウントは高価なので・・・)

使用したのはSLIKのSBH-60という軽量自由雲台です。AMAZON.comで2000円弱(送料無料)とリーズナブルな割には、カメラ用3脚などで有名なメーカーだけあって、しっかりした造りに好感が持てます。

自由雲台(SLIK SBH-60)

1

取り付け場所ですが、我が相棒はXB9SXというモタードタイプのBuellで、もともとハンドガードが付いていたのですが、なんとなく野暮ったいので取り外してしまっています。取り付けには、その跡地が良さそうな感じですhappy01

ハンドガード取り付け用金具を有効活用したいところ

3

そのままマウントしてしまうと、Buellの振動がそのままカメラに伝わり破壊してしまいそうなので、ゴムなどを噛ませて上手くマウントしたいところです。そこでいつものように、ホームセンターで部品を物色です。

取付用に購入したステンレス金物(中央の穴はドリルで8mmに拡大)

4

振動吸収のため、クッションラバーを両面に貼り付け、ドリルで穴加工

5

自由雲台のねじ山はU1/4ですが、なかなか売っていないので、ホームセンターにおいていたW1/4(ウィットねじ)で代用したところ問題ないようです。平座金とばね座金を介して自由雲台とステーをボルト止めします。もちろん、ロックタイトなどのネジ止め剤は必須です。

自由雲台とステンレスステーをW1/4ボルトでネジ止め

6 

ボルトで締め付けたところ、クッションラバーが思ったよりも柔らかく、かなり変形してしまうことが判明しましたので、反対側のクッションラバーは取り除くことにしました。その上で、反対側の穴には長めのボルトナットを取り付けました。(バイクに取り付けた際の支えとして用いる予定です。)

反対側には長めのボルト・ナットを取り付け

7_2

いよいよ車体への取り付けにかかりますが、Buellの強烈な振動を逃がすため、台座にもゴムのクッション材を噛ませたいところです。そこで今回は、内径7.8mmのOリングを使うことにしました。

配管補修用のOリング

8

ハンドガード取付金具にOリングを2本セット

9

その上から先ほど製作した雲台+ステーを仮止め

10

すると、先ほど取り付けた長めのボルトナットの上下に隙間が出来ますので、そこにクッションラバーを取り付けて、振動を上手く逃がしてやろうという作戦です。

ブレーキ台座、ミラー根元にクッションラバーを貼り付け

11

お古のデジカメ(LUMIX)を取り付けてみる

12

なかなか良い具合に取り付いたのですが、振動を逃がすことに一生懸命になりすぎ、思ったよりもフレキシブルにマウントが動いてしまうので、一抹の不安がよぎります・・・coldsweats01

エンジンをかけてみると・・・(本ブログ初の動画アップbleah

案の定、恐ろしい勢いでカメラがユッサユッサ動きます・・・coldsweats02 とはいえ、Buellってバイクは、アイドリングでウィンカーが揺れるほどの鼓動感の持ち主sign03 それが走り出すと急にスムーズになるのが特徴ですので、走ってみないことには良いか悪いかの判断がつきません・・・ng

生憎、外はパラパラと雨が降っており、ネジ止め剤もまだ固まっていない状態でしたので、テスト走行は後日行うこととしましたwink さてさて、どのような動画が撮影できることでしょうかsmile

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

ウェアカスタム!?

今週末は3連休でしたhappy01 とはいえ、ワタクシがバイクに乗ったのは土曜日だけshine 微妙な天気だったので、軽く箱根を走ったあとで、沼津のHSCさん(http://www.w-hsc.co.jp)にお邪魔してきましたhappy01 ここはBuellのオリジナルパーツなども出されている有名なお店sign03 かなりカスタムされたBuellが店内に多数あり、すごく刺激的&目の毒でしたhappy01

なかでも目立っていたのが、カワサキのZX-14がベースになったT-REXという3輪車(といっても普通の3輪車ではなく、前が2輪で後ろが1輪) これで箱根を走ったら、かなり楽しそうですlovely お金と屋根つき駐車場があれば、ぜひ乗ってみたい・・・

バイクっぽさを色濃く残すT-REX(メーカーホームページより)

0

HSCさんにはXB関連のオリジナルカスタムパーツも展示されており、なかでも垂涎だったのが、金色に輝くステアリングステムcrown 実際に取り付けた車両も見ることが出来たのですが、もはやBuellであってBuellにあらずsign03 ステムだけ見ればBimotaかsign02ってな感じの仕上がりでしたshine とはいえ、お値段もまずまずしますので、まずはリアブレーキブレンボ化くらいからお世話になってみたいなぁと思っとります^^

楽しかった土曜日はつかの間、日曜日にはハードな家族サービスが待っておりました。というのも、ワタクシの娘が4月から幼稚園に通うのですが、入園準備でカバンや防災頭巾など多量の縫い物をする必要があり、縫い物が得意でないうちの嫁さんは悪戦苦闘・・・sign03 それでも何とかほとんどの縫い物を済ませたらしいのですが、体操服につけるゼッケンは「なるべく綺麗に縫ってください」と幼稚園からプレッシャーをかけられたらしく、ギブアップ気味sign03 そこで、一応器用な手先を持ちつつ、普段はシートレールを磨くなど、全く家族の役に立たないことに無駄使いしているワタクシが、一肌ぬぐことにしたのですsmile

「やってあげるよ」と格好よく言ってはみたものの、縫い物なんて小学校の家庭科以来やったことないワタクシcoldsweats02 ネットで縫い方を調べつつ、その辺にあったタオルで練習してみると、思いのほか難しいのなんのって・・・・crying とはいえ、一度宣言してしまった以上、後戻りは出来ないので、自己流で綺麗に縫える方法を考えてみましたgood

まずはゼッケンをマスキングテープで体操服に仮止め。服の中央にまっすぐ付くように、両袖の付け根を結ぶラインにゼッケンをきっちり合わせます。ほんでもって、周辺を固定したマスキングテープに5mmピッチでしるしを付け、そこを目印に縫い目をいれていきます。

マスキングテープに付けたしるしを頼りに、ひたすら縫う

1

ゼッケンは合計4枚・・・bearing 最初の一枚は試行錯誤で2時間程度かかりましたが、その後は1時間/枚程度までペースアップsign01 半日がかりで何とか縫い付けることができましたhappy02

一部、縫い目が揃ってない部分もありますが・・・まずまずの出来でしょうsign03

2

自分でDIYカスタムしたバイクに乗って走るのは格別なものがありますが、自分が縫い付けたゼッケンをつけて運動会で走る娘の姿を想像すると、こりゃまた格別な気がしますhappy01 せっかく多少は縫い物ができるようになったので、今度はバイクウェアにワッペンでも縫い付けてみようかとおもうジョン吉でしたgood

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

カメラ狂想曲

ワタクシ、散財いたしました・・・・・・・。

ワタクシの家にはカメラが既に2台あり、一台がワタクシのお気に入りであるデジタル一眼「NIKON D40」で、もう一台は安かったので衝動買いしたコンパクトデジカメ「PANASONIC LUMIX]です。

NIKON D40は、画素数が600万と現行モデルに比べて少ないのですが、それ故に一つ一つのセンサーが大きく、受光能力が高いので、暗いところでも綺麗な写真が撮れるという「名機」の呼び声高いカメラなのですshine

NIKON D40

Nikon

それまではほとんどカメラに興味が無かったワタクシですが、やはりデジタル一眼で撮った写真というのは別格に綺麗で、なんとも言えない立体感や色鮮やかさが素晴らしく、旅先にカメラを持っていって、綺麗な景色を写真に収めることに喜びを感じるようになりましたconfident

しかしながら、相棒Buellの積載能力の無さは半端ではなく、気軽にデジタル一眼をもって走りに行くわけには行きません・・・・。なので、ちょっと走りに行くときには、LUMIXか携帯電話のカメラで景色を撮ることになるのですが、やっぱり写真の質はかなり落ちてしまうのですweep

そんなこんなで、もっと綺麗な写真が撮れるコンパクトカメラが欲しくなり、発売から日数がたって値段が下がりつつあるCANNONのS90に狙いを定めて電気屋さんに行ったのですが、何故か購入したのは発売から数日しか経っていない、超ニューモデル・・・coldsweats02 当然、値引きもあまり無く、結構なお値段がしちゃいました・・・crying

思わず購入してしまったSONY CyberShot TX-5

Sony

というわけで、今日は久しぶりに晴天だったので、ニューカメラの実力を探るべく、相棒とともに箱根へと出かけてまいりましたbleah

まずはいつものエコパーキングでパシャ!っと一枚wink なかなか綺麗に取れるようですが、普通に撮る分には、やはりデジタル一眼にはかなわないようです・・・。

箱根エコパーキングにて

Ecopark_4

このカメラの本領を発揮させるには、もっと壮大な景色が必要ということで、久しぶりに大観山パーキングまで足を伸ばしました^^ 下界は暖かくなりつつある今日この頃ですが、さすがに大観山PA付近には所々残雪がありますsnow

ほんでもって、ニューカメラの本領を発揮させるべく、改めてパシャ!(といいつつ、実際は数秒間、シャッターを押したままなのですが・・・)

大観山にて我が相棒から富士山までを臨む

Daikan2

これがニューカメラの素晴らしい機能の一つ「スイングパノラマ」sign03 シャッターを押しながらグルッと回転させることで、一枚のパノラマ写真へと自動的に合成してくれるという優れものです^^ これにより、通常はありえない駐車場で休憩中の相棒と富士山の2ショットが可能となるわけですgood ちなみに会社の近くで撮った富士山もご覧の通り・・・

富士山の試し撮り

Fuji

っと、ニューカメラで夢中になって遊んでいると、今日はBuellではなく、APEで走りにきていた、ひできさんとバッタリ遭遇wink しばし楽しく談笑させていただきました^^ 

その後は箱根の峠を上がったり下ったりと、久しぶりに凍結の恐怖が無いワインディングを堪能して帰路につきました。が・・・、ニューカメラの本領を発揮させるのは、実はこれからなのですsmile

実はこのカメラがすごいのは、背面照射型のCMOSセンサー(受光性能が高く、動作が非常に速い)という武器により、夕暮れや夜景が非常に綺麗に取れるってところなんですhappy01 「手持ち夜景モード」に設定してシャッターを押すと、非常に高速で10連写くらいシャッターが動き、その10枚をカメラが自動的に合成処理してくれて、手ブレなどを排除してくれるというスーパーハイテクモードflair 

部屋から夕暮れの富士山を臨む

Nightview

どうせならばと、さらに暗くなってから、これまで取り付けようと思いつつも部屋に置きっぱなしだったキジマのメットホルダーを相棒にとりつけ、写真を撮ってみました。

薄暗いの中、フラッシュ無し/手持ちでこのクオリティ

Night

とはいえ、肝心のメットホルダーがはっきり写っていないので、通常のおまかせモードでもう一枚sign03

今度はフラッシュ有り

Night2

メットホルダーはあったほうが便利なのは間違いないのですが、タンデムステップを避けるために張り出した形状となっており、見た目てきにはあまり宜しいものではありません・・・・coldsweats02 とはいえ、いつまでもミラーにメットを引っ掛けておくのも不安なので、良しとしましょうsign03

というわけで、バイクブログなんだか、カメラブログなんだか、良く分からなくなってしまいましたが、技術の進歩はすごいなぁぁ~~とすこぶる感心した一日でした。しかも、言い忘れましたが、このニューカメラは水深3mくらいまでなら、水中でも写真が撮れるとのことsign03 この夏の子供の海水浴&プールデビューなんかを、面白い構図で残してやれそうですbleah

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

無念・・・明日のBuelldok

晴れオトコっぷりには自信があったのですが、さすがに明日の天気予報を覆すのは難しそうですね・・・wobbly 初のバイクでの暴走半島上陸sign03、初の横浜から暴走半島へのフェリー(もちろん房総半島ですよ・・・)、久しぶりの100台を超えるBuellとのご対面sign03、今回こそジャンケン大会で何かをGETするつもりsign03、ここで出会ったBuell友達の皆様との初対面sign03、っっっと、大変楽しみにしておった明日の2010第一回Buelldok(ビューエル ディーラーズ オブ 関東の略だったと思う)なのですが、すでにお外は相当の大雨で、回復しそうな感じがありません・・・。静岡からのチョイ長旅なのに、ろくな雨具を持っていないワタクシにとっては厳しい天候。。。 残念ながら、今回は断念させていただく予定です。皆様とはまたの機会にお会いできることを楽しみにしておりますhappy01

本文とはまったく関係ありませんが、納車当日の初々しい相棒の姿

P1020560

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »