« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

ブレーキパッド交換

最近、フロントブレーキをかける度にキーキーと音がなり、レバーも結構握りこまないと効かない状態となってきましたので、思い切ってブレーキパッドを交換してみることにしましたhappy01 某オクをみていると、「カーボンロレーヌ」というフランス製の美女を連想させるような名前のパッドを発見sign01 税込み/送料込みで4000円ちょっとという手ごろな値段も気に入り、早速購入してみました。

カーボンロレーヌ/シンタードブレーキパッド(CL1139-A3+)
1

開封してみたところなかなか効きそうな感じ(直感?)ですが、多少のバリがありましたのでサンドペーパーで角を面取りするように削っておきましたshine どこまでやれば良いか分からなかったので、とりあえずC0.5~1程度になるまで削っときました。
2

本来はブレーキなどの重要保安パーツはショップに任せるべきかとも思うのですが、サービスマニュアルを眺めていたところ、パッドの交換は非常にシンプルな作業っぽかったので、自分でやってみることにしました。

1.キャリパー中央にあるピンを緩め、キャリパーをフォークをつなぐ上側のボルトを緩め、下側のボルトを抜き取った後に、先ほどのピンを完全に引っこ抜いてしまいます。
3

2.キャリパーをフォークのほうへ押し下げながら、ホイールとキャリパーの隙間から古いパッドを抜き出します。外側は簡単ですが、内側はスペースが狭くてチョッピリ苦労しました。
4

3.パッドを外すとピストンが見えるようになりますが、このピストンをキャリパー側に押し込む必要があります。思いのほか固いので、ブレーキディスクを傷つけないよう、布を巻いた金属片で押し込みました。
5

4.新しいブレーキパッドを挿入し、逆の手順でピンを締め付け、キャリパーをフォークに固定して完成です。作業時間としては15分程度だったでしょうか?
6

こちらが取り外した古いブレーキパッドです。まだ溝はあるようですが、摩擦材の厚さが1.8mm程度まで磨耗しており、やはり交換時期だった模様です。
7

交換したパッドはしばらく慣らしが必要だそうですので、EVOぶさんに教えてもらった小田原市の「こじま食堂」でアジフライ定食を食べるべく、まったりと箱根を走ってきました。

神奈川県小田原市「さかなの食堂 こじま」
8

11時30分開店の10分前に到着しましたが、すでに二組ほど店の前でお待ちの様子で期待感が高まります。いよいよ店内に入りましたが、ここは「金目鯛の煮付」が名物らしく、なんとも言えない甘~~いタレの香りに誘惑されますが、自称アジフライフリークのワタクシは初志貫徹でアジフライ定食を注文しましたscissors

アジフライ定食(930円)
9

お味のほうはナカナカのもので、アジの鮮度が良く、まるでお刺身用のアジをそのままフライしちゃったかのように、アジが柔らかくて良い香りで、あっという間にご馳走さまでしたheart02

その後は西湖バイパスを通って国府津までお買い物に行きました。

工具専門店「アストロプロダクツ小田原店」
10

ここの店は面白いですねぇsign03 車とバイク弄りに特化した工具がてんこ盛りで、ホームセンターとは比べ物にならない品揃えですshine 相棒はミリネジとインチネジが混在した厄介ものですので、インチ工具の品揃えが良いココは、これからもチョクチョク通ってしまいそうですwink その後、ドライバーズスタンド小田原店もハシゴしつつ、色々買い物して無事にお家に帰りつきましたbleah

何かを企んでいるとしか思えない怪しげな工具達
11

肝心のブレーキパッドのインプレッションですが、やはり交換前のパッドが相当磨耗していたのか、指を軽くかけただけでもブレーキが効き始めます。交換前のスポンジーな感触が解消されて良い感じですsmile まだまだハードブレーキングはしていませんが、パッド自体も純正品よりはシットリとした感じで、ブレーキがコントローラブルになった感じですgood やはりタイヤとブレーキはバイクにとって大事だなぁと改めて感じましたsign01

明日からしばらく、GWの旅(嫁の実家&友人の結婚式)に出るのでバイクはお預けですが、GW後半には色々とバイクイベントがあり、今年のGWは楽しく過ごせそうですlovely

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

膝カスリ

5月の連休中に皮ツナギを切る予定があり、冬場の不摂生でお腹が入るかどうかが心配だったので、今日は久しぶりに皮ツナギを着て走りに行くことにしましたwobbly 仕事のストレスで多少痩せたおかげか、昨年末に着た時よりも多少は楽な感じで一安心でしたhappy01

最近お気に入りの西伊豆方面に向かったのですが、そこにたどり着く前に皮ツナギのボンテージ感で結構疲れてしまいます・・・gawk もともと山伏峠経由で西伊豆に出ようと思っていたのですが、間違って冷川峠のほうまで行ってしまい、そこは1車線あるかないかの狭いクネクネ道で大忙しcoldsweats02 ただですら忙しい道に加え、久しぶりの皮ツナギの重量感と締め付けられ感にノックアウトされそうになりましたが、だんだん慣れてくるとやっぱりツナギは安心感があって良いですshine 

そんなこんなで西伊豆までたどり着き、早速2~3往復しようと走りだしたのですが、冷川峠で悪戦苦闘したおかげか、いつも以上にバイクが寝る感覚があり、快調に走ることができます。せっかく皮ツナギを着ていることもあり、もしかしてと左ひざで路面を探ってみたところ、意外と路面は近くにあり、「ガリッッ!」という音がthunder 登りの低速左コーナーでしたが、初体験heartを済ませることが出来ました。(膝スリというよりは、膝カスリという感じではありましたが・・・) 

ついにピカピカのニースライダーに傷が!!
Knee_pad

だから何なのって話ではありますが、「バリバリ伝説」のカメッッ!!からバイクに興味を持ったオッチャンとしては嬉しい瞬間でございましたhappy01 とはいえ、安全にお家に帰れてこその我がバイクライフですので、これまで以上に気をつけて運転しようと心に誓う今日この頃ですcatface

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

カメラマウントVer.2

先日製作した自作カメラマウントですが、先週の走行後にマウント根元に使用していたゴムのOリングが傷んでしまい、カメラがガクガクするようになってしまいましたcoldsweats02 やはりBuellの振動を受け止めるためには、もう少ししっかりとしたマウントを作成する必要がありそうです。そこで、ホームセンターを物色していたところ、なかなか良さそうなものを見つけましたshine

配線保護用グロメット

Photo

内径9mmの穴に通すタイプのグロメットを購入しました。厚みも硬度もあり、マウントの根元によさそうな感じです。先日製作したカメラマウント用ステーには、内径8.5mmの穴が開いており、そこに無理やり押し込んだところ、何とか上手くはめることができました。グロメットの配線を通す穴にボルトを通し、ハンドガード取り付け用ねじ穴に締めこむ算段ですhappy02

グロメット取り付け後のマウント用ステー

2

さらにもう一個のグロメットを内径8.5mmのワッシャーに通し、それを右側に見えるボルトナットで締めこむことにより、ミラーにあたる部分の滑り止め&振動吸収材として使用します。

カメラマウントVer.2

3

カメラ取り付け状態の相棒

4

今日は昼から時間ができたので、カメラマウントの様子を見がてら、箱根→熱海→山伏峠→西伊豆スカイライン→戸田峠というワインディング三昧コースに行ってまいりましたwink 相変わらずエンジンをかけるとカメラはユサユサ動きますが、以前に比べればかなりましになったようです。(ウィンカーとかカーナビと同じレベルになりました。) 走り始めるとピタッとカメラの振動は止まり、なかなか期待が持てそうです。

西伊豆スカイライン

先週の降雪の影響で、路肩には残雪があり、路面も汚れ気味であまり良いコンディションではありませんでしたが、やはり西伊豆スカは楽しいですsmile その後、戸田峠や沼津市街地に抜ける真城峠など、いくつかの峠をハシゴして無事帰宅しましたgood

肝心のカメラマウントですが、平らなところを走行している限りはまずまず綺麗な動画が撮影できますが、路面の凹凸(特にゼブラゾーン)では激しく画像が乱れてしまいます。とはいえ、ワタクシの相棒はフロントサスペンションの減衰力が通常よりも強い状態となっており、ライダー自体も結構シェイクされる状態ですので、やむを得ないかと思いますcoldsweats01 ワインディング三昧で200km弱走行しても取り付け自体は問題なかったので、まずは良しとしましょうsign01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

シートレールお色直し(その後)

今日は昼からちょっと時間がとれたので、いつものコースで大観山PA手前まで走りに行ってきましたsun 先週末に引いた風邪の後遺症か、家の中が若干寒く感じられたので、ヒートテックのタイツ&ネックウォーマーまで装備して出陣したところ、外は快晴で暖かく、汗だくになってしまいました・・・sweat02
途中、何箇所かで動画を撮影したつもりだったのですが、帰ってきて確認すると、何故か写真が数枚・・・crying デジカメの設定を動画ではなく、通常撮影にしたままシャッターを押しちゃったみたいですsweat01

ところで、先日Bimotaとご一緒したせいかどうかは分かりませんが、最近、我が相棒の色艶が失われつつあるように感じますbearing そういえば、最後に洗車したのは昨年末で、それ以降はフクピカでチャチャッと掃除しただけという状態ですので、思い切って洗車することにしましたsweat02

やはり冬の間に走ると汚れがたまるらしく、洗車場で泡洗車しただけでもかなり光を取り戻した感じがあります。

冬の汚れ落としをした我が相棒
1_2

しかしながら、先日、手ポリッシュしたシートレールは徐々に曇り始めているような感じです。そこで、ティッシュにピカールをつけて軽く磨くと、あっという間に輝きを取り戻してくれましたhappy01

ピカールで輝きを取り戻した相棒
2

やっぱり色気を確保するためには、カスタムパーツの取り付けだけでなく、日ごろのメンテ(磨き)が重要だなぁと思った一日でした。

近所の公園で記念撮影
3

この写真をシゲシゲと眺めていて、やっぱり”あのパーツ”と”あのパーツ”が欲しくなってきました・・・good すでにネットショップの買い物カゴの中には入っているのですが・・・・、決断の日は近そうです^^

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

BとBの出会い

今日はEVOぶさんのお誘いで、Bimota乗りの方々とプチツーリングする機会に恵まれましたwink 昨日から暖かくなってきたので、今日も大丈夫だろうと軽装ででかけたところ、箱根を上るに連れて気温が低下typhoon 集合場所の大観山パーキング手前の気温計は2℃snow 相変わらず山の天気は激しく不安定ですsign01
激寒の気温とは反比例して、今日の大観山パーキングは激熱impact フェラーリ、ポルシェ、BMWはもちろんのこと、ルノーのアルピーヌとか、古いアルファとか、珍しい車がパーキングに入りきれないほどの大集合sign03 KTMが発売している二人乗りの車まで見ることが出来ましたsign03

活気溢れる大観山PA
Daikan1

そんなこんなで、生まれた初めてBimotaに乗っている方々とご対面happy01 どんなにスゴイ方々かと多少緊張するも、お会いしてみると素晴らしく気さくで楽しい方々でしたhappy01 それにしてもBimotaって乗り物は罪な乗り物ですlovely 美しい造詣に素材の魅力がつぎ込まれ、放つオーラが尋常ではありませんsign01 最近、ちょっと化粧を覚えたアメリカ娘って感じの我が相棒は、ヨーロッパの貴婦人の前ではタジタジになってしまったのでしたweep

Beauty and Beast といった感じの Bimota and Buell 
Daikan2

本当は伊豆方面に走りに行く予定だったのですが、あまりの寒さや予定外のハプニングがあり、そのまま厚木方面へランチを食べに出かけましたが、そのついでにBimotaやDucatiで有名なモトコルセさんにお邪魔することができましたhappy01 店内にはBimotaやMVアグスタがズラ~リsign03 目の保養なのか目の毒なのかわかりませんが、完全にバイクに対する美的センスのハードルが高くなってしまい、我が相棒にも緊急で色気のあるパーツを増殖してあげねばと焦るジョン吉でしたbearing

いよいよランチの時間だったのですが、急に天気が悪くなってきてしまったので、生憎ここで解散・・・sweat01 小雨のうちに家まで帰ろうと東名高速をひた走ります・・・rain 途中、富士山近傍で雨が降ったものの、自宅近辺まで帰ってくると天気が持ち直しましたsun そこで、折角なので先週取り付けたデンジャラスなデジカメマウントによるテスト動画撮影をやってみることにしましたmovie 揺れるカメラにおっかなビックリしながら撮影した動画がこちら

案の定、結構揺れはしましたが、思ったよりまともな動画が撮れるようですhappy01 いまはマウントの根元にゴムのOリングをかませているのですが、これをプラスチックぐらいに替えてやると、もう少し揺れは収まりそうです。それと、風切音がすごいのがイマイチですが、これはカメラの問題と思いますので、ニューカメラのほうで試して見れば改善させるかもしれませんsign01

何だかんだで色々楽しい一日でしたscissors


| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »