« 猛暑 | トップページ | ビーナスライン »

2010年8月 1日 (日)

スパイ大作戦、3000回転の谷を無くせ!(ECMSPY)

マフラーをストライクウェポンに交換して、はや数ヶ月happy01 最初はノーマルからの全域トルクアップ感で大満足でしたが、慣れてくると気になる点が出てきます。それはずばり、3000回転前後にトルクの谷間がくっきりあるということなのですwobbly それはそれでBuellらしいような気もするのですが、XBも2005年ごろから騒音/排ガス規制をクリアするために、最善とは言えない燃調になっているらしいので、一度は本当のBuellってどんなもんだっけsign02と試してみたくなるのが人間ってもんですlovely

久しぶりのポチッはノートPCとBuellのECMをつなぐコード
Code

ノートPCには有名なECMSPYという、ドイツの方が作成したBuellのECMを書き換えられるソフトをインストールします。(なんとフリーソフトですが、今は公開されておらず、どこかのリンクを探るか、ソフトつきの接続コードを購入したほうが良いです。)インストールも特に問題はなかったですが、このソフトを正常に動作させようとすると、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」にて、選択できる言語設定(2箇所)をいずれも英語に変更してやる必要があります。(どちらかがそのままだと、ECMを読み込んだときに文字化けして、危険な事態に至ります。)この際に再起動が必要となりますが、XPを標準状態でインストールされていれば問題ないのですが、ワタクシのネットブックのように少ないSSD容量を節約しようと最低限のインストールしかしていない場合、XPのインストールディスクが必要となりますのでご注意をsign03

コントロールパネルで言語の設定を変更
1
2

設定が完了したら、XB9SXの場合はシート下にECMが格納されており、その付近にあるコネクターと今回購入した接続コードとノートPCをつなぎます。接続が終わったらBuellのイグニッションをONにしますが、最初はエンジンをかけずに作業するので、ヘッドライトのヒューズを抜いてバッテリーを節約すべしとのことです。なお、使用しているノートPCはASUSのEeePCというネットブックですが、ハードディスクではなくSSDというフラッシュメモリにOSなどがインストールされているため、少々揺らしたところではビクともせず、バッテリーだけで6時間くらい駆動するという、まさにBuellのECMを弄るために生まれたようなPCです。(違うけど・・・)

おぉぉ~~なんかカッチョいい
Connecter

その後、ECMSPYの接続コードマークをクリックすると、BuellのECMと自分のノートPCがつながった状態となるのですshine まずは自分のBuellのECMに格納されているデータを読み出し、バックアップとしてきっちり保存しておきます。ここで、おまけで付いてきた2006年式XB9のデータと比較してみると、自分のBuellはちょっと違うマップになっているようです。

オマケでついてきた2006年式XB9のノーマルモジュールマップ(フロント)
Omake

ワタクシの相棒(2006年式XB9SX)のマップ(フロント)
Mybuell

基本的に大きくは変わらないのですが、高回転/スロットル開度大における燃料噴射量が我が相棒のバージョンのほうが大きくなっているので、ブローなどに対する安全対策として変更されたのかもしれませんgawk そんなこんなで、早速モジュールを書き換えてみたくなるのが人情ってもんですが、まずは現在の状態がどんな感じかを知るため、走行中のログをとってみることにしました。シートバックにノートPCを固定し、箱根の山までひとっ走りしてみますdash

シートバックにPCを積み込んで、いざ出発

Logger

走行後にログを再生するとこんな感じ

この機能は非常に面白く、区間の最大/最小/平均のアクセル開度、エンジン回転数、ECMの補正量などが確認できるのです。ちなみにワタクシが箱根のお山に行ったときの値はこんな感じです。

Log

途中、前にクルマが走っていたこともあり、平均値が低いのは良くわかるのですが、途中のワインディングはそこそこのペースで走ったつもりだったのが、最大アクセル開度約50%、最大エンジン回転数約5500RPMと思ったよりも小さくて驚きました^^ そんなにアクセルを開けなくても、エンジンをブンブン回さなくても、気持ちよく楽しく走れるBuellの面目躍如といったところでしょうかbleah

下界でバイクを弄るには暑すぎる天気でしたので、その後は箱根のエコパーキングでセッティングを開始します。まずはTPSリセット(スロットルポジションセンサーリセット)ってのをやらないといけません。これは所謂スロットルのゼロ点調整みたいなもので、定期的にやらないと狂ってくるようです。ECMのマップを書き換えた場合にも狂うことが多いそうです。やり方自体は簡単で、エンジンをかけてない状態でECMSPYをBuellに接続し、アクセルを開けたり閉めたりしながら、アイドル調整ねじを緩めていくと、アクセルを戻したときの音が変わるところがあります。そのときにECMSPYのTPS表示を見ると0deg、0%になっていると思います。そこでECMSPYのTPSリセットボタンをおせばOKsign01 その後、アイドル調整ねじを締めていき、ECMSPYのTPS表示が4.6deg、5.1%程度になるよう調整し、エンジンを始動してアイドリング回転数が800~900RPM程度になることを確認します。

いよいよモジュールの書き換えに挑戦sign03 まずはオマケでついてきた2006年式のレースモジュールマップを入れてみようと思いますshine XB9の各年式のマップを眺めていると、2006年式のレースモジュールマップというのは、2004年式のノーマルモジュールと同じものだということに気づきましたwink ノーマル最強といわれる2004年式は騒音規制もそれほど厳しくなく、レースモジュール相当の給排気を持ったバイクだったんでしょう^^ 2004年式までのXBならば、なにも考えずにオマケのマップをECMSPYで読み込んで、「書き込み(BURN EEPROM)」というボタンを押せばOKなのですが、我が相棒も含めて2005~2007年式のXBは、簡単に他のマップを持ってきて書き込むということは出来なくなったそうです。しかも2007年式後期~2011年式のXBでは、ECMSPYで中身を覗くことも難しくなっているとのことですbearing

それでは2006年式の我が相棒のマップはどうすれば書き換えられるかというと、付属の説明書によれば、ECMSPYで読み込んだオマケのレーシングモジュールマップの「燃調マップ部分のみ」をSAVE MAPというコマンドで書き出し、その後でECMSPYで自分のBuellのECMからデータを読み出し、先ほど書き出したレーシングモジュールマップの「燃調マップのみ」をLOAD MAPと言うコマンドで読み出し、その部分だけをBURN MAPというコマンドで「書き出す」としてやれば良いとのことだったんですが・・・・crying、残念ながら何度やっても「ファームウェアのバージョンが違うよ!!」ってなエラーが出て、一向に書き出すことが出来ません・・・。もちろん、2004年式以前のように、EEPROMデータを読み込んでBURN EEPROMとしても、「ファームのバージョンが違うから無理だぜ!!」ってなことを言いやがりますpout

しょうがないので自宅に退散し、ネットで自分のECMモジュールのファームウェアバージョンである「BUEID360」を検索してみると、同じように読み込みはできるが、書き出しが出来ないといったカキコミが見られ、我が相棒だけの問題でもなさそうですdown その後、先人の方々のBlogに「ECMSPY」のホームページに新たにアップロードされた「EcmRead」なるソフトウェアを使えば高年式のBuellでもECMデータの読み込み/書き出しが可能との情報を得て、満を持してこちらもトライしてみると・・・・・結果はNGcrying 自分のECMデータを読み込むことは出来るんですが、それをそのまま書き出そうをすると、「データのサイズが違うから書けないよ!!」ってな訳の分からんエラーがでますcoldsweats02 「お前がさっき読み込んだデータじゃねぇか!!とっとと書き出しやがれぇ!!」と怒ってみても、事態は一向に解消されません・・・bearing

朝一番から色々と作業し、早くも時間は夕方・・・mist 諦めモードが漂うワタクシと相棒でしたが、もう一つ思い当たることがあったので、最後に一回だけ試してみますgood ソフトウェアはECMSPYに戻し、自分のECMデータをFETCH EEPROMというコマンドで読み込み、それをそのままBURN EEPROMというコマンドで「書き出す」際に、「変更した部分だけを書き出す」という文言のチェックボックスに印をつけてやってみると、「内容が同じだから書かないよ!」ってなメッセージが出ました。っちゅーことは、「内容を少しでも変更すれば書き出してくれるんだよな、コノヤロ~~」とあまり期待をせずに、マップの一部分だけを書き換えて「BURN EEPROM」としてみると、なんとなんとデータが書きまれていくではありませんかぁ?

その後、レースモジュールの前後燃調マップ、前後点火タイミングマップを読み込んで同様の手順でBURN、さらに「白線(環境対策)の無効化」や「Other Maps」の内容を手打ちでレーシングモジュールと同様に修正してBURN、苦節丸一日かかってやっとこレーシングモジュールへの書き換えが完了しましたhappy02

すぐさまエンジンをかけたくなるところですが、ここは一息我慢して、ECMSPYでECMに書き込んだデータを再度読み出し、内容がきちんと記録されているか確認します。また再度TPSリセットをかけた上で、いよいよエンジンスタートsign03 アイドル設定が以前よりも低くなったので多少ぐずりましたが、問題なくエンジンはかかりました^^ そこで本日最後の箱根行きdash レーシングモジュールの感触を確かめてみると、3000回転の谷間は見事に解消され、ウルトラスムーズにレッドゾーン近くまで吹け上がっていきますimpact 加速感と吹け上がりは凶暴になりましたが、アイドリングから低回転は心なしかスムーズになり、全体としては乗りやすい感じに仕上がりましたshine おそるべしレーシングモジュールthunder とはいえ、国産バイクに近づいたような印象で、Buellらしさは多少失われたのかもしれません・・・。「ノーマルモジュールとレースモジュールの良いとこ取り+チョッと悪いとこ残し」みたいなマップが作れると良いんですけどねぇ^^

P.S. 最後の悪あがきはマンションの駐車場でやっていたんですが、通りがかったオバちゃんに、「こんなに暑いのにお外で勉強してるの!?(オバちゃんの中ではパソコンイコール勉強らしい)」と話しかけられて爆笑でした。「修理みたいなもんですよ」と返答したところ、オバちゃんは「すごいバイクだねぇ~~こんなの見たことないよ。どこのバイク!?」とBuellを褒めつつ聞いてくれたので、「アメリカのBuellってバイクなんですけど、不況で倒産しちゃったんですよぉ」と答えると、オバちゃんは「そっかー。修理もしないといけないし、骨董品みたいなバイクなんだね」と一言残して買い物に行かれました(笑) いやいや、技術のトリロジーを搭載した最新鋭バイクなんですけどぉと言いたいところでしたが、オバちゃんの骨董品というお言葉を完全には否定できない暑い夕方のひと時でしたhappy01

|

« 猛暑 | トップページ | ビーナスライン »

Buell(ECMセッティング編)」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

ジョン吉さん、こんばんわ。
今回の内容、私にはさっぱりですのでコメント不可です。(笑)
でもインジェクションのコンピューターって凄いですね。触れるジョン吉さんはもっと凄い!
そんな訳で、食いつける内容は、「暑いのに、お外でお勉強しているの?」の件です。これは爆笑ですね。このフレーズは何か機会に使わせていただきます!
いやぁ、ジョン吉さんのブログはバイクのみならず、「ネタ」の勉強にもなりますね。
ただ、「ネタ」の勉強は暑いので外ではしません。

投稿: マイクロ・ドラゴン | 2010年8月 1日 (日) 23時41分

面白そうですね~。
実際に乗ってみた感じがはっきりと変わるって言うのはいいですね。

投稿: おねぼうぱぱ | 2010年8月 1日 (日) 23時51分

ログまで採っちゃうなんてすごいですね~!
ところで、燃料の増量でエンジンからの熱は和らぎましたか?

投稿: ビューエル始めました。 | 2010年8月 2日 (月) 00時23分

接続したまま走行とは開発テストみたいで、SSDネットブックが役立ちましたね。
すばらしいなあ。
私の2008年式はECMSPY試したのですがダメでした(涙)。
ちくしょーいいなあ。

投稿: iyamateyo | 2010年8月 2日 (月) 05時18分

いやぁ~ 素晴らしいsign01 素晴らしすぎますhappy02

実は自分もマフラーこそノーマルなんですが、ECMSPYなど各種ソフトを持ち合わせているんですが
勉強不足で手をつけてない状態が続いてるんですよねcoldsweats01

今度お会いした時にでも、是非是非情報交換させてくださいsign03

投稿: 厚木のHIDE | 2010年8月 2日 (月) 09時04分

SSD使っているところが妙に感心してしまいました!
しかし○ツマタプラザはバイクのメンテしてると、よく駐車場を横切るおばちゃんにジロジロ
見られてちょっとハズカシイですよねぇ...

今ちょうど北米に来ているので、休みの日にでもHDなど借りてドゥルルルル・・・って走りたいのですが...
(クレーム対応なので休みなしか???)

投稿: となりのXR | 2010年8月 2日 (月) 09時19分

おお 始めちゃいましたね。脳みそ弄り
私も、チャレンジしたいのですが、2010年モデルなんっすよ。かなり敷居が高いんです。

投稿: yamaton | 2010年8月 2日 (月) 20時32分

マイクロ・ドラゴンさん、こんばんわ~~!
今回はワタクシのBlogとしては珍しく、ややマニアック気味な記事でしたよね♪
途中で何度も書き換えに失敗し、ベンリィ号ならネジまわしてすぐに燃調とれるのにぃ~~
と思いましたよ。ちなみに今回の記事はワタクシではなく、オバちゃんのネタですね♪
真面目な顔して「勉強してえらいねぇ~~」って褒められたときは吹き出しそうになりました^^
とはいえ、通りがかりの方とそんな会話が楽しめるのも静岡県の良いところと思いますhappy01

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 22時57分

おねぼうぱぱさん、毎度どーもで~~す。
そういえばGSX-Rの最新モデルは、パワーモードの切り替えがスイッチでできましたよね♪
先日読んだライクラで、新しく出たDucatiのムルチストラーダはモードを切り替えると
出力モードどころかサスペンションの減衰まで切り替わるそうで・・・。
一粒で何度も美味しいってのは良いところですよね!

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 22時59分

ビューエル始めました。さん、毎度おおきにで~~す^^
AFVの値とかを実感してみたいと思い、ログを採ってみましたよ。
以外に100%近くを推移してたので、燃調的にはそれほど悪くなかったのかもしれません。
とはいえ、レースモジュールに入れ替えて明らかによくなりましたけどね!
ちなみに、燃料噴射量は増えたかもしれませんが、その分気持ちよくブンブン回したので
結果的には、いまだかつて無いほどシートが熱くなりました(爆)

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 23時02分

iyamateyoさん、こんばんわ~~^^
容量の少なさとプチフリーズ現象に悩まされ、イマイチだったSSDですが、
ここにきて俄然、魅力的に思えてきましたよ(笑)最初にログをとったときは
走っている最中の振動で、フタが閉じてスリープモードに入ってしまい、
ログが取れないっていう状況だったもんで^^
走行動画とログデータを同期すれば、まさにF1の車載カメラ画面が完成しますね!
たぶんやりませんけど・・・(手間がかかりそうだし^^)

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 23時05分

厚木のHIDEさん、毎度おおきにで~~す^^
やり出すまでは不安だったり億劫だったりするんですが、いざやっちゃうと
面白いですよねぇ~~^^今回はさすがに不安でしたが、Buellの場合は
先人の方々の素晴らしい経験が色々なBlogにアップされているので助かりますよね!
ワタクシの拙い体験談でよければ、いつでもお伝えしますよ(笑)
来週は予定も決めずに色々なところを走ろうかと思っているので、
どこかでご一緒できれば嬉しいですね^^

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 23時08分

となりのXRさん、毎度おおきにで~~す。
最近、駐輪場が混雑気味で、かつハンバーガー屋さんの洗い物から出る油分が
タイヤについてしまうような気がしたりして、XRさんの跡地にバイクを引っ越しました。
日陰になるのでバイク弄りは多少快適ですが、油断をすると階段で頭を打ちますね(笑)
ワタクシのEeePCはSSDが出たばっかりのころに買ったので、容量は4GBしかなく、
油断するとすぐに容量オーバーになっちゃいます^^

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 23時11分

yamatonさん、こんばんわ~~♪
禁断のROMチューンに着手してしまいましたよ!
(といってもモジュールを入れ替えただけですが・・・・)
オリジナルマップを作るだけの知識と根性が備わっているかどうかは微妙ですが、
やり方は大体分かったので、色々試してみよっかなと思ってます。
2010年式でも、書き換える手法があるみたいですね!ちょっと手順は複雑みたいですが・・・

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 2日 (月) 23時13分

ジョン吉さんブログ訪問どうも!
06’9SX、レースMAP読込⇒BURN出来ないんですね~
レースMAP読込⇒変更点のみにチェック⇒BURN
もダメなんでしょうか?

僕の07’12Rはファームのバージョンジョン吉さんと同じでしたが
レースMAP読込⇒BURNで変更出来ました。
(ECMSPY Ver1.12.27)手元に無いようでしたらメールもらえれば
差上げます。

ECM READは僕もダメでした。
ECMSPYで保存したEEPROMと、ECM READで保存したEEPROM、
レイアウトが違っていてECM READのEEPROMは行の先頭に
何故か半角空白が入ってます。

DF.exeというファイル比較ツールを使うと、レースEEPROMとの違いを
テキストベースで分かりやすく見れますよ。

コマンドプロンプトから
「fc eepromファイルの絶対パス1 eepromファイルの絶対パス2 /n」
で比較ツールが無くても、eepromファイルの比較も出来ます。

04’純正ECMをヤフオクで落として、レースECM化して使った方が
経済的で楽にECMチューンできそうですよね^^;

投稿: Shakur | 2010年8月 3日 (火) 13時00分

Shakurさん、早速のコメント有難うございます^^
記憶が怪しいのですが、レースマップのEEPROM読み込み→BURNはエラーで怒られたと思います。
変更点だけ書き込みというのをやらなかったので、これは次回に試してみたいですね!
駄目だった場合は、新バージョンのECMSPYお願いのメールを出しますのでお助けください。

テキスト比較ツールの情報も有難うございました。これは便利そうですね!早速試してみます。

今後ともよろしくお願いします^^

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 3日 (火) 22時59分

は、ハイテクですねぇsweat01
そんな事が出来るんですか。
ログが取れるのって面白いですよね(*^▽^*)
あ、ジョン吉さんに教えて欲しいんですけど
YouTubeってどうやって貼り付けるんですか?

投稿: ひいこ | 2010年8月 6日 (金) 07時51分

ひいこさん、こんばんわ~~^^
近所のおばちゃんに「骨董品」呼ばわりされた我が相棒ですが、
世界各国に熱烈なBuell信者がいらっしゃるので、
そのようなすごい方がフリーソフトで作っちゃったらしいです。
Buellを愛する気持ちは世界共通~~^^

P.S. Youtubeの貼り付けですが、アップロード完了した後に、
埋め込みタグっていう欄があると思うので、そこのアドレスを
ココログで記事作成する際のHTMLって書いたウィンドウを開いて
貼り付けてしまえばOKです。慣れれば簡単でしたよ~~^^

投稿: ジョン吉 | 2010年8月 6日 (金) 21時41分

昨日初めてモジュールのリセットを行い失敗、エンジンはかかったけど走れなくなり、今日また懲りずにチャレンジして直ったみたい。
アイドリングのネジを左に回すのが、どこまで回すのか検討がつかなくて適当にグルグル・・・その後リセットして数値を5,1になるまでネジを回して完了しました。
今、こちらのブログを読ませて頂き、どの程度回すのかコツがわかったような気がします。
自分は04のXBでレースキットのため、リセット以外はあまり弄らないつもりですが、圧縮を下げてるのでちょっとだけレブリミットを上げてみたいです(^^ゞ

投稿: 甜 | 2010年12月19日 (日) 21時06分

甜さん、コメント頂きましてありがとうございます^^
たしかに、あのネジってつかみ所の無い感じですよねぇ・・・
自分も最初はおっかなビックリでしたが、バタフライバルブの当たる音で
判定できるようになりました^^ 2004年式にお乗りとのことで羨ましいです。
車検の対応範囲も広いし、モジュールも元気イッパイですし、最もビューエルらしい
モデルだったかもしれませんね!

投稿: ジョン吉 | 2010年12月19日 (日) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539298/49031745

この記事へのトラックバック一覧です: スパイ大作戦、3000回転の谷を無くせ!(ECMSPY):

« 猛暑 | トップページ | ビーナスライン »