« フレームプロテクター(LR parts) その2(カッティングシート購入) | トップページ | フレームプロテクター(LR parts) その4(試着編) »

2011年1月29日 (土)

フレームプロテクター(LR parts) その3(カッティングシート貼付)

さてさて、皆様にご心配&励ましのお言葉をいただいておりますフレームプロテクターへのカッティングシート貼付ですが、思い切ってやっちゃうことにしましたhappy01 まずは前回の反省をもとに、いくつかの準備をしました。

one 初心者なのでドライ貼りは諦め、ウェット貼り+ドライヤー暖めで挑戦good

two その際、キッチン用消毒剤では心もとないので、ダイゾーで霧吹きを購入

  (同時に、気泡抜き用としてシリコンのヘラも購入しましたが、結局使わず)

three 余分なカッティングシートが机などに貼りついてやり難いので、予め大まかにカット

準備完了scissors いざ勝負の時です^^

(ちなみに写真に写っているシートは型紙で、実際は見えるほうに青色が来ますよ)

1_ready

それでは、実際の作業の順番にワタクシの悪戦苦闘っぷりを記録しておきます。本当はもっと写真とか動画とかあれば良かったんですが、猫の手も借りたいくらいな作業だったもんで・・・、分かりづらかったら申し訳ないです。

(1)フレームプロテクターの平面部分から貼り付けを開始sign01 

ここでは、カッティングシートの剥離紙を平面部分の半分程度まで剥がし、フレームプロテクターとカッティングシートの糊面に中性洗剤を少し加えた水を思い切って吹きかけます。その後、カッティングシートをフレームプロテクターに貼り付け、気泡を水とともに押し出します。最初はシリコンのヘラでやろうかと思ったのですが、やっぱり指でやるのが一番ですねsign01(シリコンを直接シートにあてると滑らないので、濡れタオルをシリコンのヘラに巻きつけてやったほうが良いです。それでも結局、指のほうがやりやすいですが^^)

気泡を押し出すときにシートに小さな皺が出来ますので、それを無理に押しつぶさないよう、ゆっくりとシート外に押し出すのがコツのようです。ワタクシの場合は、平面を2~3回程度に分けて、徐々に貼り付けていきました。ここまでは、ウェット貼りならば楽勝の作業ですshine

2_flat

(2)曲面の立ち上がり部

いよいよ難関である大きな曲面部に突入しますが、実はこの辺りはそれほど難しくなく、簡単に貼り付けることが出来ます。もともとのシートが程よく伸びてくれるので、手で伸ばしながらでもある程度貼れますし、フレームプロテクターの端部など曲率の強い部分は、軽くドライヤーでシートを炙ってやると、シートが良い感じでヘナヘナになるので、それを伸ばしながら貼っていきますclip コツはドライヤーでシートを一度に暖めすぎず、「軽く暖めては伸ばす」を繰り返すことにあるようですshine 

ちなみに曲面を貼るには結構な時間がかかり、最初に貼った平面部分の粘着力が回復してきます。作業の邪魔にならないよう、定期的にカッティングシートの余白部分に霧吹きで水分を与え、テーブルなどにくっつかないようにしておいたほうが良いでしょうsign01

3_curve

ちなみにここで注意事項を一つsign01 たっぷり水をかけることがキレイな貼り付けに不可欠なのですが、ワタクシは剥離紙にも水をかけすぎたため、作業の途中で剥離紙がフヤけて、カッティングシートから剥がれなくなるという悲劇を味わいました。ピンセットでなんとか剥がしましたが、おかげで小さな紙ごみが糊面に残っちゃいました・・・weep 剥離紙には水を掛けないように注意し、余った剥離紙は切り取るのではなく、折ったり丸めたりするようにしましょう。(切り取ると、切断面から水が染込んでフヤけます。)

(3)フレームプロテクターの端部

この辺りまでシートを貼ると、徐々に余白のシートが突っ張ったりして、貼り付けづらくなるときがあります。余白の部分に軽く切り込みを入れると貼り付けやすくなりますが、やりすぎは禁物です・・・(シートを伸ばすときに、切り込みが拡がり、肝心な部分まで切れ目が入ってしまうことがあります。もちろん経験談・・・sweat01) 切れ目が広がらないように、セロテープなんかで抑えとくと良いですね♪

4_zoom

(4)反対側の端部

ある程度まで進んだ時点で、反対側も貼り付けを進めておかないと、両側のツジツマが会わなくなってきます。この辺りから、貼り付けの難易度は急激にアップup 断面が大きくなるならば、ドライヤーで暖めてシートを伸ばせば良いのですが、この辺りからはプロテクターの先端に向けて断面が小さくなっていくので、どうしてもシートが余って皺がたくさん出てしまいます。このとき、いくらドライヤーで暖めてもシートは縮まないので困ってしまいます・・・wobbly しかもこちら側の端部は、バイクの上側(ダミータンクとの境界)にあたる部分で、回り込みがキツくて余計に大変・・・sweat01

5_otherside

(5)フレーム先端に向けて

では、断面が小さくなっていく部分にシートを貼るにはどうするかsign02って話なのですが、皺が発生した部分をいくら暖めても、皺はひどくなる一方ですので、皺が発生している部分の少し手前側(まだ皺が発生していない部分)を暖め、皺ごとフレームプロテクターの外側に移動させるような感じで、徐々に徐々に伸ばし進めていくと良いようです。まるで皺の中からキレイなプロテクターが生まれてくるような感じですねhappy01

6_shrink

(6)余白の処理

無事にプロテクターの先端までシートを貼り終えることが出来れば、余白の処理を行います。といっても、軽くドライヤーで炙りながら、フレームプロテクターの裏側に余白を折り返し、貼り付けるだけでOKです。角の部分など、シートが重なってしまう部分は、はさみやカッターで余分な部分を切り取った後に、折り返して貼り付けます。見えない部分なので、少々皺がでても全く気にしませ~~んscissors

7_edge

(7)完成!!

という訳で、なんとかフレームプロテクター全体を一枚貼りすることが出来ましたgood 疲れた~~~^^

8_fin1_2

一番厳しかった端部には、細かな皺が残ってしまいましたが、タンクに隠れるので良しとしましょう^^

9_fin2

なんとも言えないメタリック調の美しい質感です^^

10_fin3

コツを忘れないうちに、反対側のフレームプロテクターも一気にやっちゃいまいしたbleah

11_fin4

所要時間は1つめのプロテクターが3時間弱、2つめは少しなれて2時間弱といったところでしょうかsign02 フヤけた剥離紙のカスが残っていたり、小さな皺が残ったりと完璧とは言えない仕上がりではありますが、始めてにしては良い出来だと自分を褒めてあげます(自分に甘いのでwink

一番の問題は、バイクに取り付けたときに似合うかどうかなのですが、寒いので取り付ける元気が起こりませんねぇ・・・・sign01 来週は暖かくなるみたいなので、仮フィッティングでもしてみようかと思いますが、本格的な取り付けは春まで待つことになりそうです。(冬に外での作業だと両面テープがすぐに剥がれそうなので・・・)

|

« フレームプロテクター(LR parts) その2(カッティングシート購入) | トップページ | フレームプロテクター(LR parts) その4(試着編) »

Buell(フレームカバー編)」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

コメント

綺麗に仕上がってますねー!見せていただく日を楽しみにしております!

投稿: kenazuma | 2011年1月30日 (日) 00時49分

いやはや、カバー1枚に数時間もかけて作業とは凄い忍耐力ですね、、
私には真似できません。塗ります(^_^;)

ま、塗装したとしてもそれ以上かかるんでしょうけどね (ノ∀`)アイター

投稿: NoriNori | 2011年1月30日 (日) 00時51分

おおぉ。
綺麗にできましたね~。(期待に反してw)

投稿: おねp | 2011年1月30日 (日) 01時05分

キレイすね~

バイクに装着された姿に期待ですね^^

投稿: みんみん | 2011年1月30日 (日) 02時33分

屈曲面への見事なラミ処理!
この腕があれば仕事に困ることはありませんね!

投稿: となりのXR | 2011年1月30日 (日) 05時52分

ついにやりましたね!早くバイクとのマッチングを見たいですね。
でも作業時間3時間ってのは、私的にはメゲてしまいそう・・・。

投稿: マイクロ・ドラゴン | 2011年1月30日 (日) 16時02分

これはすげーーー!shine
かなり良い出来ですね(期待に反してsmile
合体写真を楽しみにしてます

投稿: EVOぶ | 2011年1月30日 (日) 17時19分

kenazumaさん、今日はかなり寒かったですが、スクールは楽しめましたか??
XBの場合、カーボンのフレームプロテクターをつけている人が多いので、
ちょっぴり差別化しようとお手軽にカラーリングするつもりが、思った以上に
大変でしたよ^^ またツーリングの時にでもお披露目します^^

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時31分

NoriNoriさん、毎度おおきにで~~す^^
後で考えると数時間もかかってましたが、やっていると意外に楽しくて
あっという間に時間が経ったって感じです。徐々に皺が無くなっていくのが
なんとも言えない快感なんですよ。ワタクシの場合、塗装のほうが大変だと思うけどなぁ・・・

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時33分

おねPさん、こんばんわで~~す。
「失敗しました(涙」」ってな期待を受けていたのでしょうか(爆)
最悪の場合、おねPさんの手を借りてでもやるつもりでしたが、慣れると
一人でも出来るもんだなぁって感じです。しかし、手塩にかければかけるほど
転倒するのが嫌でカートコースで遅くなりそうだなぁ・・・^^

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時36分

みんみんさん、毎度どーもで~~す^^
オレンジスケルトンならカーボンのプロテクターが似合いそうですが、
青スケはカーボンが微妙なマッチングなので、ちょっと違うイメージで
準備してみました。実際にバイクにマッチするかどうかは未知数ですが・・・

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時37分

となりのXRさん、こんばんわで~~す。
さすがに3時間もかかっていたら、商売にはなりませんねぇ(爆)
1セット分のカッティングシートが余ったので、色んなところに
貼ってみようかと思っていますよ^^
意外と簡単に貼れるので、XRにもやってみてはどうですか?
迷彩柄の自衛隊仕様とかどうっすか??(笑)

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時39分

マイクロ・ドラゴンさん、こんばんわで~~す^^
カッティングシートは、肉体的にも大して辛くなく、3時間といっても
楽しくやっているうちに、あっという間に過ぎちゃったって感じですす^^
何より辛かったのは、シートレールのポリッシュですねぇ・・・(涙)
あれに比べれば、どんな作業も結構楽しくやれる今日この頃です!!

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時41分

EVOぶさん、毎度おおきにで~~す。
ここにも一人、ロクでもない期待をしていたっぽい人が・・・(爆)
XBフレームの湾曲感は、色気満点のEVO系ビューエルに唯一、太刀打ちできるポイントかも^^
ワタクシも取り付けるのが楽しみなんですが、色が微妙にマッチしなさそうな・・・
まあ、ダメなら張り替えればよいでしょう!!

投稿: ジョン吉 | 2011年1月30日 (日) 20時43分

スゲえっす!
私は、根がガサツなんで曲面の大面積にシートを貼ることは出来そうに有りませんねぇ。次の集まりでの披露会楽しみにしています。
(わたしゃ小さいカッティングシートでプチドレスアップぐらいです。)

投稿: yamaton | 2011年1月31日 (月) 18時05分

yamatonさん、毎度どーもで~~す^^
がさつなんてとんでもない。そちらのBuellはさり気ないEBRデカールとかセンス良いですよ♪
今回の件で味をしめたので、黒いプラスチックとかもドレスアップしたくなってきました。
早く暖かくなって、皆で集合したいですねぇ~~♪

投稿: ジョン吉 | 2011年1月31日 (月) 22時08分

とてもシールとは思えない仕上がりですね~
この調子で樹脂パーツにも貼っちゃうんですか?!
次回お会いするのがたのしみです。

投稿: ビューエル始めました。 | 2011年2月 1日 (火) 22時35分

ビューエル始めました。さん、こんばんわで~~す^^
ワタクシのような素人が塗装するより、明らかに良い出来です。
最近のカッティングシートってすごいですねぇ♪
できれば黒い部分も何とかしたいんですが、青ずくめも芸が無いし・・・
まずはプロテクターつけてみます!

投稿: ジョン吉 | 2011年2月 1日 (火) 22時47分

きれいな青マシンに仕上がりそうですね。
yamatonさんといいジョン吉さんといい、器用だなあ。

ところで、青いカバーはライトアップされた永代橋のようです。

投稿: iyamateyo | 2011年2月 2日 (水) 21時46分

iyamateyoさん、毎度おおきにです^^
くどい!!!っと言われかねないくらい、青ずいている今日この頃です・・・。
大物のパーツ換装は、今回でほぼ完了ってな感じです。
ところで、永代橋って有名なんですか?
先ほどBlogでも拝見しましたが、なにせ東京音痴なもんでコメ思いつかず^^

投稿: ジョン吉 | 2011年2月 2日 (水) 23時21分

ジョン吉さん 初めまして KENZです。
CD50へのコメントありがとうございました。

いや~すごいテクですねえ!おいらなどは平面に幅の狭いシートを貼っただけでも気泡が残ってしまうというのに・・・感服いたしました。

ちなみにおいらも5~6年程前までビューエル(97年のS3ですが)に乗っておりました。

投稿: KENZ | 2011年2月 3日 (木) 10時01分

KENZさん、ご訪問いただき大変嬉しいです。
テクというよりは、カッティングシートの性能がすごいみたいです(笑)

実はワタクシ、ベンリィ号をミニサーキット用の練習マシンにしたいのですが、
さすがにパワーとバンク角不足のため、ボアアップ or 中華エンジンと
バックステップを導入したいのです。KENZさんのBlog、これからも楽しみにしてます^^

P.S. S3とはまた羨ましいお話で!!やっぱりEVO系も一度は乗ってみたいです^^

投稿: ジョン吉 | 2011年2月 3日 (木) 21時43分

綺麗にできましたね~。
自分には絶対出来なっ事です。ってか、この形状の物を見てカッティングシートを貼るという発想は絶対に生まれません。
塗装しちゃいます。
そこをカッティングシートでやってしまうんだから、すごいです(^_^;)

投稿: アドバンス4番 | 2011年2月 4日 (金) 15時16分

怪しいお兄さん、こんばんわ~~(爆)
フレームプロテクターの下地が思ったよりも悪く、下地処理&カラー塗装&クリア塗装
ってな工程をとるよりは、カッティングシート一撃のほうが楽かもしれませんよ^^
なにより、セクシーな形状にシートを貼れたときの喜びはプライスレスです(笑)

投稿: ジョン吉 | 2011年2月 5日 (土) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539298/50721615

この記事へのトラックバック一覧です: フレームプロテクター(LR parts) その3(カッティングシート貼付):

« フレームプロテクター(LR parts) その2(カッティングシート購入) | トップページ | フレームプロテクター(LR parts) その4(試着編) »