« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

フレームプロテクター(LR parts) その5(迷走編)

先日、仮フィッティングまで行った後、タンスの中に放置されているフレームプロテクターですが、装着したいという気持ちはあるのですが、なかなかアイデアが纏まらないのです・・・coldsweats02 一番悩んでいるのが、フレームプロテクターとフロントフォークの間の空間の処理をどうするかなのです。

先日の仮フィッティングの状態

110

この状態だと、ちょっと寸切れっぽいイメージになってしまっているので、フレーム側にもカッティングシートを貼るなどして、上手くつなぎたいところです・・・。しかしながら、この部分は形状がややこしく、どこまでカッティングシートを貼るかが悩ましいところです。しかも、右側にはフレームナンバーが刻印してあるので、それをカッティングシートで覆ってしまうのもどうかと思っちゃいますwobbly

色々考えてみましたが、完全にフレームまで同色にするのは大変なので、寸切れっぽい境界に手を加えてみることにしましたhairsalon Buellといえばペガサスのロゴマークが有名なので、その辺りをフィーチャーしようかと思ったのですが、場所が狭くてなかなかフィットしません。もともと絵心のあるほうでも無いので、あまり好きではないのですが、ネットにフリーのデザイン素材が数多くアップされているファイヤーパターンで試してみることにしましたimpact

ネット上のフリー素材を頂戴して加工し、余りのシートの裏側に貼り付けます。

111_2

デザインナイフで慎重に切り抜きます。

コツはナイフを動かすのではなく、シートを動かすときりやすいです。

120  

とはいえ、素人作業なので、このように曲線がガタガタする部分も出てきます。

112

そんな部分は、先端が曲がった曲線バサミで修正すると良いでしょう。

113_2

というわけで、左右1セットのファイヤーパターンが完成しました^^

114

フレームプロテクターの裏側に、取り付け用の両面テープを貼り付けます。

115

改めて、仮フィッティングしてましたが、予想以上にイマイチです・・・・。

116

事前の脳内シミュレーションでは、もう少し大きなパターンを想像していたので

今回作成したパターンが小さすぎたのかもしれません・・・。

117

残念ながら取り付けは中断し、アイデアを練り直すことにしました・・・。

そして右側も念のためにフィッティングしてみたところ、新たな問題が発生sign03 プロテクターがねじれているのか、事故の後遺症でフレームが歪んでいるのが、プロテクターとフレームがピッタリとくっついてくれません・・・。どうもエアスクープなんかも干渉しているようで・・・。

というわけで、プロテクターを装着して走り出すには、もう少し時間がかかりそうです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

皮むき&インプレ(ピレリ PIRELLI ANGEL ST)

昨日交換したANGEL STですが、帰宅時の気温は3℃程度で、とても新しいタイヤの感触を楽しめる状況ではありませんでしたので、今日は早起きして箱根まで皮むきに行ってきました。

まだまだ完全には皮むきできていませんが・・・

Ftire

Rtire

箱根の1号線を5往復ほど、上ったり下ったりしてみましたが、なんとも気持ちの良いタイヤです。前回のメッツェラーM3は、皮むき直後に石がタイヤに貼り付いてましたが、ANGEL STのトレッド面は、それと比べればさらっとした印象です。しかしながら、ツーリングタイヤに分類されているにも関わらず、M3と変わらないぐらいのグリップ感を感じますねhappy01 なにより面白いのが、このタイヤを以前に使っていたiyamateyoさんも言ってましたが、倒したいようにバンクさせることができ、そこから切れ込むでもなく起き上がるでもなく、安定的にバンクし続けるような印象で、非常に乗りやすいですsign01

今度は富士スピードウェイのカートコースに持ち込んで、新しいタイヤの感触をさらに味わってみようと思いますsign01 いやー、良い買い物でした^^

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

タイヤ交換(ピレリ PIRELLI ANGEL ST)

先週にお話しましたように、我が相棒Buellのタイヤは見事にツンツルテン・・・crying。せっかく春の兆しで暖かくなってきたというのに、このままではどこにも走りにいけません。というわけで、いよいよ重い腰をあげて、タイヤ交換に行くことにしましたdash

交換は前回もお世話になった2りんかんの小田原店に行こうと考えており、事前にcc。(yutaqa)さんがご親切にも色々とセール情報を教えてくださってその気になっていたのですが、ピットの予約をしてみると、バイク担当の人が休んでしまって無理とのこと・・・。しかも、候補タイヤのパイロットロード2はサイズ切れ、ANGEL STは定価に近い価格と、あまり良い条件ではありません・・・。来週以降に延期しようかと思いましたが、来週以降は色々と予定が立て込んでおり、出来れば今日中にタイヤ交換を済ませたいと、静岡/神奈川で色々な店に電話をかけてみました。

相変わらず東静岡エリアにBuellのタイヤ交換をしてくれる店は見つかりませんでしたが、神奈川県下の量販パーツ店は、どこも一応対応してくれるみたいです。しかも、「BuellのXBならば、普通のバイクと同じ工賃でも良いですよ・・・。とはいえ、正直なところ、やってみないと分からないのです・・・。一応インチ工具はあります。」という回答が多く、工賃は抑えられそうな反面、作業内容には不安の残るところです・・・sweat01 

そんなおり、ある店舗の方が非常にXBを良く知っててくれて、非常に好印象だったのですが、そこの店では工賃が1万6千円かかるとのことweep 理由を聞くと「普通にタイヤ交換をしてしまうと、XBの特徴であるフロントのリムオンブレーキが機械に引っかかる可能性があり、曲げてしまうことがあるので、ブレーキディスクも取り外して作業します。」とのことでした。ということは、工賃が安いからといって、あまりXBを知らないお店にやってもらうとブレーキにダメージを負う可能性があるってことなので、急にタイヤ交換が不安になってきた次第ですcoldsweats02

そんな時、頭の中に名曲のフレーズが蘇ってきましたnote 「おら東京さ、行くだ~~~、おら東京さ、行くだ~~~^^」 

EVOぶさんやiyamateyoさんも通っており、雑誌やネットでもすこぶる評判の良いお店、Speed starさん。さすがに遠いから候補からは外していたのですが、ナビで調べてみると家からちょうど100km、東名高速なら1時間でつく距離にあるんです。しかもタイヤも安いsign03 どこに聞いてもほとんど定価に近い価格で販売だったピレリのANGEL STも、ネット販売の価格より安い感じですheart01 というわけで、残り少ないタイヤのゴムを振り絞り、珍しく高速道路でバビューンっと東京まで行って参りました。

100kmの高速道路走行で、タイヤにとどめを刺してしまいました。

Frontrire

Reartire

到着すると、すでに多くのバイクが並んでいます・・・。行列のできるラーメン屋さんは知っていますが、行列のできるバイクのタイヤ屋さんは始めてみました(笑) ワタクシは4台待ちとのことだったんですが、2台のピットがフル回転で、見る見るうちにタイヤが交換されているので、1時間も待たないうちに自分の順番がやってきましたhappy01

お店の方にタイヤチョイスについて相談に乗ってもらいましたが、やはりワタクシのバイクの使い方(ほとんどワインディング&たまのカートコース)だと、パイロットロード2などのロングライフ系よりは、ピレリのANGEL STが良いですよとのこと。ピレリのANGEL STは、ツーリングタイヤに分類されているんですが、実際はかなりグリップが高めで、メッツェラーのM3やM5と同じカテゴリーに近いということでした。(逆にメッツェラーのM3とかM5は、スポーツタイヤのカテゴリーの割にはライフが長いとのこと。) というわけで、ANGEL STとM5で迷ったのですが、M3とM5だとあまり代わり映えがしないかなsign02ってことと、同じXB乗りのiyamateyoさんがグリップ良いのに10000kmもったと絶賛だったANGEL STに興味があったこともあり、今回はANGEL STをチョイスしました。

どこのお店に聞いても、「XBのタイヤ交換は大変なので・・・」って感じだったんですが、Speed starさんにかかれば、まるで自転車のタイヤを交換するが如く、あっというまに作業が進みます。結局、前後交換で30分もかからなかったんじゃないでしょうかsign02

メチャクチャ手際が良く、見ていて安心感が抜群ですsign03

Pit

ANGEL ST フロント

Newftire

ANGEL ST  リア

Newrtire

うわさの天使のお姿shine

Angel

気になるお値段ですが、前後交換+工賃込みで46000円(タイヤ代は、フロント15600円、リア22800円)。しかも現金払いなら、そこから2000円引いてもらえるので、なんと44000円でやってもらえました。リーズナブルな価格ももちろんですが、やっぱりXBを始めとするビューエルに詳しい方に作業してもらえるという安心感はプライスレスですねnote

ANGEL STのファーストインプレッションですが、まだ皮むきも終わっていませんが、なかなかグリップ感がありそうです。あと、XBって寝にくいというか、立ちが強い挙動があるんですが、このタイヤをはくとバンクしたままステイしてくれるって感じで、メッツェラーのM3とは一味違う感じで、新たな乗り味が楽しめそうです^^ そして何より、パターンが斬新で、バイクの印象がグッと変わって良い感じですhappy01

ANGEL STを履いてオシャレ~になった相棒の後姿

Rview

・・・っと、写真の端のほうに見覚えのあるXBが止まっていますが・・・・・(笑)

昼ごろに思い立って急に東京に行ったにも関わらず、東京在住お友達のiyamateyo号が駆けつけてくれました。おかげさまで、タイヤ交換の待ち時間も、大変楽しく過ごすことが出来ました。アリガタヤアリガタヤsign03

iyamateyo号と会えて嬉しそうなジョン吉号

(しかしこの後、ライトの反射メッキが剥げていると指摘されて凹む)

Friend  

というわけで、無事にタイヤも交換できましたので、明日の朝に起きれれば、箱根まで皮むきに出かけようと思っています。

最後にお世話になったメッツェラーM3のラストインプレッションを簡単にsign01

・ ライフは7000kmちょっと。

 (走行距離7000kmちょっとでM3に交換、現在の走行距離は14673km)

・ 非常にニュートラルな感触で、バイクが持つ特性をさり気なく引き立てる感じ。

・ 純正タイヤとは段違いのグリップ力。初めての膝すりを体験させてくれたタイヤ。

・ 秋にかけて気温が下がるときに空気圧管理を忘れており、フロントに偏磨耗発生。

 (これはタイヤのせいではなく、自分の管理の問題でした。)

もう少しライフが持ってくれれば良いなとは思いますが、ワタクシのレベルでは全く問題のない良いタイヤだったと思います。

ANGEL STはM3よりはライフが長いという話ですので、10000kmくらいはもってくれると嬉しいですね!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

タイヤ交換(番外編)

いよいよタイヤ交換をしたのかsign02・・・っと期待させて申し訳ないのですが、今回のタイヤ交換はバイクではなく、自分の足ですwink

今年の夏の富士山初挑戦を目指して、毎日会社まで往復8kmを歩こうと決めてから2ヶ月が過ぎ、無事に3日坊主で終わることなく、今も雨の日以外は元気よく歩いておりますsign01この連休は久しぶりに雨でしたが、今年は本当に晴れの日が多くてウォーキング日和ですgood

最初のうちは、朝の富士山に向かっての上り坂で体力を消耗し、その後の会社でのラジオ体操が辛かったのですが、徐々に体力もつきつつあり、結構な早足で会社まで歩いても大丈夫になりました。最近では、帰りに体力が余って、最後の1kmは小走りで頑張ったりしています^^

結果が顕著にでつつあるのが腹回りで、ベルトが緩くなったなぁと思ってはいたのですが、先日、ズボンを買った際に、一時はメタボ直前の83~84cmまでいっちゃった腹回りが78cmのズボンに入ったのにはちょっと感動でしたhappy01

というわけで、会社の上司/同僚による登山同好会も正式に設立され、夏の富士登山の予行演習として、近くの登山に行ったりしているようなのですが、ワタクシは残念ながら一度も参加できていません・・・・。というのも、これまで登山などしたこともなく、持っている靴は底が平らな運動靴か、ゴルフシューズか、ライディングシューズばっかりcoldsweats02 山を舐めては大怪我しそうなので、御殿場アウトレットまで登山靴を物色に行ってまいりました。

富士山は運動靴でも登れないことはないらしいのですが、岩場や火山灰などの厳しい道もあるそうで、底が丈夫で砂や石が入りづらいハイカットタイプの靴が良いそうです。とはいえ、初心者の場合はあまり本格的な登山靴だと重くて疲れてしまうらしいです・・・。

御殿場アウトレットで登山グッズの店と言えば、ノースフェイス、LLビーン、ホーキンス、AIGLE、ティンバーランドなどがありますが、登山靴が豊富だったのがホーキンスとティンバーランドの2店。ホーキンスは値段が手頃で、砂埃の進入を防ぐスパッツも標準装備とお得な感じだったんですが、なんとなくソールの形が足に合いませんでした・・・。というわけで、一番足にしっくりときたティンバーランドのトレッキングシューズを購入shine

今年の夏の相棒、ティンバーランド

Shoes1

ビブラムソールとか何とか言う、立派なソールがついてます。

Shoes2

ワタクシ、普段の靴のサイズが27~27.5と人よりも大きめなのですが、こちらのメーカーだと、足にピッタリとフィットするのは、なんと28.5cm。まるで「バ○の大足」のようだ・・・。実はBuellと同じ青色とか、渋い茶色とか、他に欲しいモデルもあったのですが、28.5cmともなると、選択の余地はなく・・・ 早速、来週からの通勤で、底をすり減らさない程度に慣らし&皮むきをする予定です。

ちなみに、相棒Buellのタイヤも、いよいよ交換時期が近づいてきました・・・crying

フロントタイヤはスリック化が進行中

Tire1

リアタイヤもセンターにスリップサインが・・・

Tire2

交換候補ですが、春になればミシェランとメッツェラーからニューモデルが登場するようですが、そんな新しいものには目もくれず、型落ち品のバーゲンプライスを狙うか、それとも定番のピレリANGEL STあたりを狙うかって感じでしょうか? 今回のメッツェラーM3は無理やり持たせて7000kmくらいだったので、今度のタイヤは10000kmくらい持つものがいいなぁconfident パイロットロード2のお買い得品なんかがあれば、すぐに食いつきそうな勢いですsign03

| | コメント (28) | トラックバック (1)

2011年2月 5日 (土)

フレームプロテクター(LR parts) その4(試着編)

先週完成した青メタル色のフレームプロテクターですが、問題は我がBuellのトランスルーセントヒーローブルーという透明青色とマッチングするかどうかですsweat01 購入したカッティングシートが家に届いたときから、なんとなく微妙~~な気配がし続けていますが、恐る恐るフレームに仮止めしてみましたwobbly

たしかに微妙~~ですが、思ったよりも良い感じのマッチング

1

フレームのフォーク寄りの部分も青メタル化したくなります

2

まだ元のプロテクターを付けたまま、セロテープで止めただけなので・・・

3

上から見ると、随分と青くなったもんです(笑)

4

どうせ装着するならば、とくにフレームのステム側なんかも、残ったカッティングシートを貼りたくなるので、正式な取り付けはもう少し暖かくなってからにしようかなぁと思っとります。やっぱり無難なのはシルバーとかクロムなどの無機色メタル系だと思いますが、青メタルもなかなか個性があって良しとしましょうhappy01

というわけで、我が相棒XBも、もはやノーマルとは言えない外観(アブノーマルsign02)になってきましたので、どこかで青~~~いBuellを見かけたら、気軽に話しかけてくださいなhappy02

| | コメント (26) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »