« 2011年10月 | トップページ

2011年11月

2011年11月13日 (日)

未知との遭遇(MOTO2 高橋裕紀選手)

お久しぶりですhappy01

最近、週間どころか月刊、いやいや季刊・・・、と今は無きBuell Magazine化しつつある我がブログですが、仕事でへこたれた体に鞭打って、久々に更新しときます。

というわけで、一ヶ月ほど前の10月某日、埼玉県のサーキット秋ヶ瀬で行われたレン耐に参加してきたのですmotorsports 今回はいつもお世話になっている「チームいずのすけ」ではなく、突然膝擦りに目覚め、レースにまで出てしまった大人のビューエル乗りたちで結成された「どこどこツインズ」なるチームから参加させて頂きましたwink

相変わらず、家からフル装備+リュックサックを背負い、ビューエル自走でサーキットに向かうワタクシ・・・。とはいえ、前回の筑波よりは近くて、思ったよりも楽でしたshine 

サーキットに到着するなり、ビッグニュースがsign02 MOTO2クラスで世界を転戦中の高橋裕紀選手が、なぜかレン耐に電撃参戦とのこと・・・happy02 つい先日まで日本GPを戦っていらっしゃったはずですが・・・bleah

若くて爽やかで男前ですね~~ 高橋裕紀選手。

0  

もしかして一緒に走ってもらえるかも・・・とテンションが急にUPupですが、今回はチームよりアンカーを拝命し、4時間耐久の残り45分を連続走行するということで、3時間以上の待ち時間がありますcoldsweats01 なので、他のメンバーの走りを眺めたり、高橋選手のスンゲェ~~走りっぷりに感動したりしていたのですが、今回から協賛してくださったというデジスパイスというデータロガーのデモが面白くて、入り浸ってしまいました。

デジスパイスのデモ画面。高橋選手の走行ラインが見られます。

01

ここのテントでは、先ほど走行されたばかりの高橋選手の走行データをもとに、青木琢磨さんが解説してくれるという思いがけない有難いシチュエーション。耳をダンボにしつつ、走行ラインを覚えまくりますhappy01 画面上の赤線が高橋選手なんですが、他の人と比べてとにかくワイドなラインでコーナーを失速させないようにしつつ、ストレートではとにかく最短距離をなぞっているようです。

ちなみに高橋選手ですが、トップチームが40秒前後のラップタイムで周回しているのに対し、37秒とか38秒という恐ろしいタイムで周回されてました。見ていても明らかに、速度が違うんですよねぇ~~。何が違うって、とにかくバイクがクルっと向きをかえる時間が凄く短いのが印象的でした。

そんなこんなで、いよいよワタクシの順番がまわってきました。残念ながら、我がチームは数回の転倒で最下位近くまで順位を落としてしまっていますが、周りからは「予習した高橋選手のラインで激走してきてねsign01」っと変なプレッシャーを受けて出陣ですcoldsweats01

予習の効果があったのか、トップの方とバトルwink(周回遅れだけど)

1

2

ライン取りの予習のおかげか、いつになく快調に走ることができ、1位を走行中のゼッケン1番と同じくらいのペースで走れちゃいますscissors ちょっとスゴイんじゃないlovelyとニヤけていると、いきなりカッチョいいツナギを着たライダーにインからぶち抜かれます・・・crying

も・も・もしかして・・・・sign01 そうなんですよ^^ 高橋選手と走行時間が一緒になり、念願のランブゥー走行と思いきや、あっという間に引き離されてしまい・・・・。しかーし、こんな機会はめったに無いと、全身全霊をかけて頑張ってみます。バンクセンサーだけでなく、マフラーとかステップとか色んなものが地面に擦り、タイヤも微妙に滑るくらい頑張っているのですが、同じエイプだというのに、どんどん差がつきます。やっぱり世界を戦うライダーってすごいもんですねぇthunder

高橋選手、圧巻の走り

3

4

5

限られたエイプのバンク角を補うためなんでしょうか、 体の内側への入りっぷりがハンバないです。とにかくコーナーで失速しないので、それに続くストレートの速度も、他の人とは段違いな伸びっぷりです。 結局、45分の走行時間中に2回も抜かれちゃいましたが、本当に良いものを見させていただきました。(あとでデジスパイスのデータを確認すると、抜かれた直後、一生懸命頑張ってついていこうとした際に、ベストラップ40秒台が2回とも出てました。)

というわけで、残念ながらチームとしての成績はイマイチでしたが、世界GPライダーと一緒に走れるという素晴らしい体験が出来ました。彼らの走りはテレビで見ても凄いんですが、同じバイク(しかもエイプ)・同じサーキットで、こんなに圧倒的な差を見せ付けられると、本当に凄いなぁ~~って思ってしまいましたnote

レン耐の公式HPの動画に、頑張って走っているジョン吉の姿が映っていましたよwink(15秒目くらい)

ちなみに、いつになく頑張って走った代償がこんなところに・・・

右は大丈夫だったんですが、

R

左は危うく、小指が削れて無くなるところだったかもsign02

L

幸い交換用のスライダーが手に入ったのですが、ねじ山どころかネジ頭が無くなっていて大苦戦・・・。

ペンチ、ドライバー、ドリルなどなど総動員

7

なんとか交換完了sign03

8

とブーツの修理は完了したのですが、最近は土日も仕事が多くて、全然走りに行けませ~~ん。せっかく、目に焼き付けた高橋選手のイメージも、徐々に薄れてくる今日この頃ですweep

| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ