Buell(タイヤ交換編)

2011年4月 3日 (日)

ANGEL ST 本格的にインプレ in FSWカートコース

タイヤをピレリのエンジェルSTに交換してはや一ヶ月が経ちました。ツーリングやワインディングでは、さらっとしたグリップ感とコーナリング中の安定感が非常に好印象なのですが、いかんせんヘタレのジョン吉は、公道ではタイヤの本当の性能を体験するまでには到りません。

結構乗ったけど、くっきりアマリングなリアタイヤ

Reartirebefore

アマリング改めアマベルトとでも言うべきフロントタイヤ

Fronttirebefore

それよりなにより、バイクがメチャクチャ汚いのは御愛嬌・・・coldsweats02 先週のツーリングで大雪に降られた後遺症です・・・。

そんなわけで、ANGEL  STの実力をもう少し探ってみようと、富士スピードウェイのカートコースに出撃しました。タイヤに加え、ステップなんかも変わっていたので、単純な比較は難しいのですが、カートコースでガリガリ走っても、全く持って何の不安もないタイヤです。

メッツェラーM3は「グリップあるよ~~^」とタイヤが主張する感じでしたが、ANGEL STはサラッとした感じなのに、走ってみると不安感が無いタイヤです。あと、バイクを寝かすときの変な抵抗やクセが全然なく、バイクそのもののフィーリングを邪魔しない感じで、乗りやすいです。

さすがに思いっきりバンクしているときに縁石のペイントを踏むと、少しリアが滑る感じもあったのですが、それも唐突ではなく緩やかな感じで、全然怖くなかったです。速度域の高い本格的なサーキットなどでは別の評価になるのかもしれませんが、ジョン吉のようにツーリング、ワインディング、カートコースくらいなら、メチャクチャ良いタイヤだと思いますsign01

アマベルト → アマラインくらいかな?

Fronttireafter

リアも良い感じで使えました^^

Reartireafter

ちなみに、この日は走行しているバイクは3台しかいなかったので、ライディングについても色々と思考錯誤しつつ、良い練習が出来ましたhappy01 

最初はいつも通りの感覚とフォームで走っていたのですが、タイヤを見るとまだ余裕がありそうだったので、腰のオフセット量を減らし、どちらかというとリーンアウトっぽいイメージで走ってみたところ、かつて無いほどコーナーをタイトに回れるようになりましたscissors ミニコースでオーバル練習をしながら、三脚でビデオを撮ってみました。

こちらが、今までの感覚で走ったときのフォーム。

こちらが、自分のなかで開眼したっぽい新フォーム。

いや~~、我が相棒Buellの排気音ってええ感じですわ~~^^ ってのは置いときまして、フォームの違いが分かりましたかsign02 微妙なのでわかりずらいですよねぇ・・・sweat01 それでは恥をしのんで静止画で見せちゃいましょうshine

Before

Before2

ジョン吉は膝を擦りたい願望が強く(膝をすると落ち着いて走れるので)、早めに膝を擦ろうとして大きく内側に体をずらす傾向があります。(無理ヒザという言葉がよぎる・・・)よって、気合が入っているように見える割にはバイクは寝ていないし、向きもあんまり変わっていないような感じです。

After

After

なんか気の抜けた感じで走っとりますが、実際に体は結構リラックスしながらも、バイクはすごくタイトに曲がってくれるのですup。リーンアウトっぽいイメージで走っていたのですが、確かに頭がバイクの中心軸より外側に出てますね^^ ヒザだけでなく、ブーツのスライダーも同時に擦るくらいが、ちょうどバイクのフルバンク状態って感じです。

とはいえ、この自分的に開眼sign03ってのは結構クセモノで、スキーとかゴルフに熱中していたころも、「めっちゃ開眼しましたわ~~」と豪語して、上級者にチェックしてもらったら、実は大したこと無いどころか、間違った方向に進んでいるってのが良くありましたので・・・

でも、自分的にメッチャ気持ちよく走れたので、良しとしましょうheart01

FSWのカートコースには、練習用にミニサーキットってのも併設されているのですが、これが結構練習になってお気に入りだったりします。ストレートがほとんど無く、コーナーばっかりなので忙しいったらありゃしませんが・・・

ミニサーキットを頑張って走ってみる

 

ちなみにこの日は、いつになくバイクが寝てくれて楽しいので、調子に乗りまくって走っていると、超お気に入りで、装着したばっかりのRIZOMAのステップ(ブレーキペダルとシフトペダル)をガリっとキズモノにしてしまいました・・・トホホcrying なお、RIZOMAのステップもカートコース初投入だったんですが、こちらも素晴らしいですねぇsign03 ポジションが絶妙で体重がかけやすいので、イン側のステップを踏むだけでバイクがメッチャ曲がりたそうにしてくれます。

Brakelever

そんなこんなで、11時から16時過ぎまでサルのように、そしてハムスターのように走り続けて体はボロボロ・・・。最後は筋肉痛というより、明らかにスジと腰を痛めつつ退散しました・・・。(4日経った今も、足と腰が痛い・・・bearing

でもやっぱりカートコースって最高に楽しいですnote 今年は関東や房総のビューエル勢もカートコース上陸かsign02って噂も流れていることですし、御近所のレース仲間さんたちもそろそろウズウズしてそうだし、ちょくちょく通って上手にバイクに乗れるようになればなぁって思っとりますsmile

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

皮むき&インプレ(ピレリ PIRELLI ANGEL ST)

昨日交換したANGEL STですが、帰宅時の気温は3℃程度で、とても新しいタイヤの感触を楽しめる状況ではありませんでしたので、今日は早起きして箱根まで皮むきに行ってきました。

まだまだ完全には皮むきできていませんが・・・

Ftire

Rtire

箱根の1号線を5往復ほど、上ったり下ったりしてみましたが、なんとも気持ちの良いタイヤです。前回のメッツェラーM3は、皮むき直後に石がタイヤに貼り付いてましたが、ANGEL STのトレッド面は、それと比べればさらっとした印象です。しかしながら、ツーリングタイヤに分類されているにも関わらず、M3と変わらないぐらいのグリップ感を感じますねhappy01 なにより面白いのが、このタイヤを以前に使っていたiyamateyoさんも言ってましたが、倒したいようにバンクさせることができ、そこから切れ込むでもなく起き上がるでもなく、安定的にバンクし続けるような印象で、非常に乗りやすいですsign01

今度は富士スピードウェイのカートコースに持ち込んで、新しいタイヤの感触をさらに味わってみようと思いますsign01 いやー、良い買い物でした^^

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

タイヤ交換(ピレリ PIRELLI ANGEL ST)

先週にお話しましたように、我が相棒Buellのタイヤは見事にツンツルテン・・・crying。せっかく春の兆しで暖かくなってきたというのに、このままではどこにも走りにいけません。というわけで、いよいよ重い腰をあげて、タイヤ交換に行くことにしましたdash

交換は前回もお世話になった2りんかんの小田原店に行こうと考えており、事前にcc。(yutaqa)さんがご親切にも色々とセール情報を教えてくださってその気になっていたのですが、ピットの予約をしてみると、バイク担当の人が休んでしまって無理とのこと・・・。しかも、候補タイヤのパイロットロード2はサイズ切れ、ANGEL STは定価に近い価格と、あまり良い条件ではありません・・・。来週以降に延期しようかと思いましたが、来週以降は色々と予定が立て込んでおり、出来れば今日中にタイヤ交換を済ませたいと、静岡/神奈川で色々な店に電話をかけてみました。

相変わらず東静岡エリアにBuellのタイヤ交換をしてくれる店は見つかりませんでしたが、神奈川県下の量販パーツ店は、どこも一応対応してくれるみたいです。しかも、「BuellのXBならば、普通のバイクと同じ工賃でも良いですよ・・・。とはいえ、正直なところ、やってみないと分からないのです・・・。一応インチ工具はあります。」という回答が多く、工賃は抑えられそうな反面、作業内容には不安の残るところです・・・sweat01 

そんなおり、ある店舗の方が非常にXBを良く知っててくれて、非常に好印象だったのですが、そこの店では工賃が1万6千円かかるとのことweep 理由を聞くと「普通にタイヤ交換をしてしまうと、XBの特徴であるフロントのリムオンブレーキが機械に引っかかる可能性があり、曲げてしまうことがあるので、ブレーキディスクも取り外して作業します。」とのことでした。ということは、工賃が安いからといって、あまりXBを知らないお店にやってもらうとブレーキにダメージを負う可能性があるってことなので、急にタイヤ交換が不安になってきた次第ですcoldsweats02

そんな時、頭の中に名曲のフレーズが蘇ってきましたnote 「おら東京さ、行くだ~~~、おら東京さ、行くだ~~~^^」 

EVOぶさんやiyamateyoさんも通っており、雑誌やネットでもすこぶる評判の良いお店、Speed starさん。さすがに遠いから候補からは外していたのですが、ナビで調べてみると家からちょうど100km、東名高速なら1時間でつく距離にあるんです。しかもタイヤも安いsign03 どこに聞いてもほとんど定価に近い価格で販売だったピレリのANGEL STも、ネット販売の価格より安い感じですheart01 というわけで、残り少ないタイヤのゴムを振り絞り、珍しく高速道路でバビューンっと東京まで行って参りました。

100kmの高速道路走行で、タイヤにとどめを刺してしまいました。

Frontrire

Reartire

到着すると、すでに多くのバイクが並んでいます・・・。行列のできるラーメン屋さんは知っていますが、行列のできるバイクのタイヤ屋さんは始めてみました(笑) ワタクシは4台待ちとのことだったんですが、2台のピットがフル回転で、見る見るうちにタイヤが交換されているので、1時間も待たないうちに自分の順番がやってきましたhappy01

お店の方にタイヤチョイスについて相談に乗ってもらいましたが、やはりワタクシのバイクの使い方(ほとんどワインディング&たまのカートコース)だと、パイロットロード2などのロングライフ系よりは、ピレリのANGEL STが良いですよとのこと。ピレリのANGEL STは、ツーリングタイヤに分類されているんですが、実際はかなりグリップが高めで、メッツェラーのM3やM5と同じカテゴリーに近いということでした。(逆にメッツェラーのM3とかM5は、スポーツタイヤのカテゴリーの割にはライフが長いとのこと。) というわけで、ANGEL STとM5で迷ったのですが、M3とM5だとあまり代わり映えがしないかなsign02ってことと、同じXB乗りのiyamateyoさんがグリップ良いのに10000kmもったと絶賛だったANGEL STに興味があったこともあり、今回はANGEL STをチョイスしました。

どこのお店に聞いても、「XBのタイヤ交換は大変なので・・・」って感じだったんですが、Speed starさんにかかれば、まるで自転車のタイヤを交換するが如く、あっというまに作業が進みます。結局、前後交換で30分もかからなかったんじゃないでしょうかsign02

メチャクチャ手際が良く、見ていて安心感が抜群ですsign03

Pit

ANGEL ST フロント

Newftire

ANGEL ST  リア

Newrtire

うわさの天使のお姿shine

Angel

気になるお値段ですが、前後交換+工賃込みで46000円(タイヤ代は、フロント15600円、リア22800円)。しかも現金払いなら、そこから2000円引いてもらえるので、なんと44000円でやってもらえました。リーズナブルな価格ももちろんですが、やっぱりXBを始めとするビューエルに詳しい方に作業してもらえるという安心感はプライスレスですねnote

ANGEL STのファーストインプレッションですが、まだ皮むきも終わっていませんが、なかなかグリップ感がありそうです。あと、XBって寝にくいというか、立ちが強い挙動があるんですが、このタイヤをはくとバンクしたままステイしてくれるって感じで、メッツェラーのM3とは一味違う感じで、新たな乗り味が楽しめそうです^^ そして何より、パターンが斬新で、バイクの印象がグッと変わって良い感じですhappy01

ANGEL STを履いてオシャレ~になった相棒の後姿

Rview

・・・っと、写真の端のほうに見覚えのあるXBが止まっていますが・・・・・(笑)

昼ごろに思い立って急に東京に行ったにも関わらず、東京在住お友達のiyamateyo号が駆けつけてくれました。おかげさまで、タイヤ交換の待ち時間も、大変楽しく過ごすことが出来ました。アリガタヤアリガタヤsign03

iyamateyo号と会えて嬉しそうなジョン吉号

(しかしこの後、ライトの反射メッキが剥げていると指摘されて凹む)

Friend  

というわけで、無事にタイヤも交換できましたので、明日の朝に起きれれば、箱根まで皮むきに出かけようと思っています。

最後にお世話になったメッツェラーM3のラストインプレッションを簡単にsign01

・ ライフは7000kmちょっと。

 (走行距離7000kmちょっとでM3に交換、現在の走行距離は14673km)

・ 非常にニュートラルな感触で、バイクが持つ特性をさり気なく引き立てる感じ。

・ 純正タイヤとは段違いのグリップ力。初めての膝すりを体験させてくれたタイヤ。

・ 秋にかけて気温が下がるときに空気圧管理を忘れており、フロントに偏磨耗発生。

 (これはタイヤのせいではなく、自分の管理の問題でした。)

もう少しライフが持ってくれれば良いなとは思いますが、ワタクシのレベルでは全く問題のない良いタイヤだったと思います。

ANGEL STはM3よりはライフが長いという話ですので、10000kmくらいはもってくれると嬉しいですね!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

皮むき&インプレ(METZELER SPORTEC M3 メッツェラー)

先週交換した我が相棒のタイヤhappy01 交換当日はツルツルでおっかなびっくり走行だったため、実力のほどが分かりませんでしたが、今日は皮むきのために伊豆のワインディング三昧にいってまいりましたpout

まずは慣れた道からスタートということで、農免道路→国道1号線で箱根→エコパーキングというルートを軽く走ってみましたdash まず感じたのが、前のタイヤと比べてスムーズに倒しこみができるということhappy01 4年落ちの純正ピレリタイヤは、バンクさせる初期に引っかかりっぽいものがあったのですが、メッツェラーM3は角が取れたようにスゥゥ~ッとバンクする感じです。それと路面にしっとり食いつく感じがあり好印象なのですが、転がりがやや重くなったような感じも受けますhorse 

だんだんタイヤも温まってきたようなので、箱根登りのワインディングを程々のペースで走ってみましたが、もともと短いBuellのホイールペースが更に短くなったような感じの曲がりっぷりで、それほどバンクさせていないにも関わらず、バイクが内側へグゥゥ~ッとまがる感じがかなり気持ちいいですhappy01 後ろのタイヤにも舵角がついたような感覚になりますwink 箱根の登り下りを軽めに2往復し、エコパーキングでタイヤをチェックすると、象さんの上くらいまで無事に皮むきできたようです。それにしても、結構大きな石がタイヤに貼りついてます^^さすがハイグリップ^^

準備運動が終わった我が相棒のタイヤ(石がくっついた)

Rtire1_2 

その後、さらに皮むきを進めるため、もう少しタイトなワインディングを走るべく、伊豆方面に進みますsmile なるべくワインディングを走れるように、東伊豆→冷川峠→仁科峠→西伊豆スカイライン→戸田峠というルートを選びましたshine

ワインディング三昧ルート

Root

箱根から伊豆スカへの取り付け道路近辺で、一度だけタイヤがヌルッと滑ってヒヤリとしましたが、それ以降はシットリとしたグリップ感のおかげで、本当に気持ちよく走れますwink 西伊豆スカイラインでちょっと「突っ込みすぎたかもcoldsweats02」とヒヤッとした瞬間もありましたが、余計なことをせずにおとなしく我慢していると、タイヤのおかげで何とかクリアできましたcatface 自分の精神的な限界(ビビリミッター)よりも、タイヤの限界のほうが高いみたいで、安全マージンが大きくなったような気がしますbleah 危ないと思ったときに、結構バイクを寝かせてしまったような気がしましたが、それでも象さんのお腹くらいまでしか使っておらず、まだまだタイヤには余力がありそうですsmile

象さんのお腹あたりまで使ってみました^^

Rtire

この後、戸田峠登りのタイトな左コーナーで、一度だけ象さんの足元あたりまでタイヤを使うことがあったのですが、そのときは本当に気持ちよくグイグイとバイクが曲がって感動ものでした^^(とはいっても左コーナー限定で、右コーナーは相変わらずの恐怖症なんですが・・・) 結局、昼ごはんを食べるのも忘れて走り続けていて、気が付いたら夕方になっちゃってましたwobbly 途中のパーキングでXJR1300にのった渋い年配のお方と、休憩がてら暫し談笑し、18時前に無事におうちに帰ってきましたnote

結論として、メッツェラーM3はかなり良いタイヤだと思いますshine XB9SXの場合、エンジンの馬力以上にタイヤが勝ち気味のような感もあり、ツーリングタイヤのROADTEC Z6でも十分なのかもしれませんgood しかしながら、ライフを別にすれば、やっぱりハイグリップのほうが安全マージンが大きくとれて良いと思います^^ 少々値段は張りましたが、やっぱりタイヤは良いものをつけるに限りますねscissors

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

タイヤ交換(METZELER SPORTEC M3 メッツェラー)

昨日は西伊豆のワインディングを走りに行ってましたが、右コーナーでフロントがズルッと滑ることが2度ほどあり、タイヤを良くみてみると、いよいよ溝が無くなりスリック状態になっていることが発覚coldsweats02 さすがにこれは危ないと思い、急いでタイヤ交換の手配をすることにしましたdash

タイヤの銘柄には迷いましたが、そもそもビューエルなんていう希少なバイクを選んでいる時点でワタクシは変わり者bleah タイヤもブリジストンやダンロップといった国産銘柄は何となく好みではありませんshine となると選択肢はミシェラン、ピレリ、メッツェラーなどの欧州勢のなかから選ぶことになります。XB9SXの標準タイヤがピレリだったため、今回は気分転換にピレリはパスすることとし、ミシェランとメッツェラーの一騎打ちに!!(他にもコンチネンタルとかがあるみたいですが、あまりに情報が少なくて・・・)

自分のバイクの用途を考えてみると、住んでいる場所柄、ワインディングが7~8割、その他が2~3割で、高速道路を使った長距離ツーリングには行ったことがないという状況ですhappy01 そうなると、スポーツタイヤもしくはスポーツ寄りのツーリングタイヤが良さそうですgood ミシェランならばPILOT POWER 2CT(スポーツ)かPILOT ROAD 2CT(スポーツツーリング)、メッツェラーならばRACETEC K3(レース寄りスポーツ)、SPORTEC M3(スポーツ)、ROADTEC Z6(スポーツツーリング)などが該当するみたいです。

ミシェランはBenly90にも装着しており、非常に良い印象を持っています。しかしながら、2CTというタイヤは、コーナリング性と耐久性を両立させるため、センターとサイドで異なるコンパウンドを使っているそうで、やや癖があるタイヤといったインプレがインターネットに書き込まれています。自分の場合は、高速道路で長距離移動することが少ないので、2CTで無くてもよいかなぁって感じです。一方のメッツェラーですが、恥ずかしながら最近まで知らなかったメーカーなのですが、雑誌のインプレにてBuellでもお馴染みの新垣さんが、ROADTEC Z6のことを「魔法のタイヤだ!!こんなに感銘を受けたタイヤは久しぶり」といったようなコメントをされており、急に気になり出したタイヤなのです。トレードマークである象も可愛くて、今回はメッツェラーを選ぶことにしました。ライフも考えてROADTEC Z6にしようと思ったのですが、どうせならばハイグリップタイヤを体験してみたいということで、SPORTEC M3に交換することを決めました。

前にも書きましたが東静岡はバイク用品店が少なく、ましてやBuellのタイヤ交換が出来そうな店は見当たりません。たまたま今日、バイクを買ったディーラー(神奈川県小田原市)でオイル交換をしてもらう予定だったので、メッツェラーのタイヤ交換ができるかどうか聞いてみたところ、マイナーなタイヤなのか入荷までに時間がかかりそうとのこと・・・coldsweats02 他にビューエルのタイヤ交換が出来そうなところを調べていると、大阪在住時にお世話になっていた「2りん館」の特定の店舗では、ハーレーやビューエルの整備をやってくれることが分かりました。残念ながら静岡の店舗はビューエル不可でしたが、小田原店にはメッツェラーの在庫もあり、ビューエルも正規輸入車であれば対応できるとのことでしたので、早速今日、タイヤを交換してもらうべくお邪魔してまいりましたdelicious

相棒の新たなタイヤ「METZELER SPORTEC M3」

Newtire

ここのピットはオープンスペースになっており、初めての相棒のタイヤ交換に興味津々のワタクシに「見ててもらって全然OKですよ!」という有難いお言葉happy01 邪魔にならないように作業を見学させてもらいますeye

宙吊りの相棒・・・

Hang

リアタイヤの外し方などを直接見ることができて非常に参考になりました。いずれはメンテナンススタンドを買って、自分でもやってみたいですが、なかなかマンション暮らしの身ではやりづらいですねwobbly ちなみに担当してくださった方は、Buellが専門という感じではありませんでしたが、ネジ一つ緩めるにもすごく丁寧な作業ぶりで、大変好感が持てましたhappy01

複雑に補強リブが入ったスイングアーム(右)

Rear1_2

補強リブがほとんど無くて大丈夫?って感じのスイングアーム(左)

Rear2

問題のフロントタイヤも無事交換

Frontview2

気になる工賃ですが、タイヤを外して持ち込めば1本1050円だそうですが、今回は車両持込のため、フロントが2625円、リアが3150円でした。丁寧な作業を目の当たりにしたので、自分のなかでは納得の値段です^^ タイヤはフロントが19026円、リアが26586円とネット通販の価格と比べてもそこそこの値段かなと思います。自宅からのアクセスも良いので、これからもお世話になることが多くなりそうですcatface

ちなみにショッキングな出来事が一つsign01 タイヤ交換の途中に店の中をプラプラ眺めていると、METZELER RACETEC K3のビューエル適合サイズが1セット限り37000円ちょっとというバーゲンプライスdollar こっちにすれば良かったかも!?とちょっと後悔するも、やはりライフなども考えるとM3で良かったはずと無理やり自分を納得させましたgawk

気になるインプレッションですが、久しぶりの新品タイヤの滑りっぷりにオッかなビックリshock それでも箱根を越えて家に帰ってくる頃には、だんだんと路面に張り付くようなグリップを感じられるようになって来ましたhappy01 まだまだセンターの皮が剥けただけですので、コーナリングとかは分かりませんが、なかなか良さそうな感じですsign01

象さんの後ろの三本線が、初級・中級・上級ラインに見えちゃいます。目指せ上級sign02 

Zousan

| | コメント (20) | トラックバック (1)