Buell(フェンダレスキット装着編)

2010年12月 5日 (日)

フェンダーレスキット装着(Frank Parts, Tail Unit FP XB)

ある日、ワタクシの心の中で何かがブチッと音を立てて切れました・・・。その日は雨上がりの太陽sunが美しい日で、ワタクシと相棒XBは箱根のほうまで軽く走りに行ったのですが、残念ながら路面は微妙にウェット・・・。極力、乾いた路面を縫うようにして走ったつもりだったのですが、帰宅後にはバイクはドロドロ、買ったばかりの冬用ジャケットもドロドロ、ヘルメットまでドロドロ・・・wobbly 全く役に立たないリアフェンダーなんて、もうイラネェ~~とブチ切れ、見た目重視のフェンダーレスキットを装着することにしました。

国内ではキジマさんがフェンダーレスキットを販売されていますが、あまり評判が良くありません・・・。(ベンリィではキジマ製品を愛用しているのですが、Buellには力が入っていないのでしょうか・・・sweat01) そんなこんなで、海外製品を中心に良さそうなフェンダーレスキット(向こうではShort Tail KitとかTail Eliminatorとか呼ばれているみたい)を探してみました。

ネットを徘徊していて、まず目に付くのは、iyamateyo号が装着しているRizomaのキットshine これは実物を見せてもらったこともありますが、かなりCoolで良い感じです。しかしながら、Rizomaの製品ってデザインや作り込みが良いだけに価格も少し高め・・・。また、どうせつけるならば仲間がつけていないものを付けて見たくなります。

そんなこんなで色々なキットを見ているうちに、段々と相棒に装着してみたいキットのイメージが固まってきました。

①奇抜なデザインではなく、ノーマルに近い形状のもの

②テールライトにクリアのLEDを装着できるもの

③価格が手ごろなもの。

こんな感じの条件でチョイスしたのが、ドイツのFrank Partsというメーカーのキットです。こちらの製品は、Frank PartsのHPで直接購入すれば割安なんですが、他の部品と同時に購入することもあり、今回はSolo Buellで購入しました。

海外輸入パーツ第一弾 Frank Parts Tail Unit FP

Fenderless

Frankparts

こちらの製品、本体はFRPで出来ており、ステンレス製と思われるナンバーステーとウィンカーステーが一体になったパーツがボルト止めされているという合理的な設計です。テールライトユニットは別売りとなっていますので、クリアのLEDライトをチョイスしました。

別売りのテールライトユニット

Led

それでは、いよいよ取り付けにかかります。ノーマルの、なぜか穴がイッパイ空いているフェンダーとお別れする時間が近づいてきました。

ノーマルフェンダーのお姿。やっぱり無い方がスッキリしそう^^

Before

取り付け自体は非常に簡単で、シートレール後端のボルト(左右それぞれ2本)とリアタイヤ上部のパネル上にあるボルト(2本)を外せば、リアフェンダーとブレーキランプとウィンカーがごっそり一体で外れます。(この際、ウィンカー、ブレーキランプ、ナンバー灯の配線コネクターはあらかじめ外しておきましょう。)

その後、購入したTail Unitを取り付けますが、部品の精度は問題ないレベルで、そのままボルトオンで取り付けが可能です。ワタクシのXBはウィンカーがノーマルではなく、KTMのものを流用しているため、ウィンカー取り付け穴を10mmに拡大する必要がありましたが、ノーマルウィンカーならば問題なく取り付くと思います。なお、ウィンカー線を車体内部に引き込むための穴が小さいので、コネクターは一旦切断し、車体内部に引き込んでからギボシコネクターを改めて取り付けました。

若干迷ったのがテールライトユニットの配線です。LEDライトの配線は、(1)アース線、(2)バックライト線、(3)ブレーキライト線の3本となっています。ビューエル側の線は5本ありますが、LEDライトはナンバー灯を兼用するので、ビューエル側のナンバー灯のライン(ギボシコネクターのもの)は使用しません。残る3本(平型接続端子付き)のうち、アース線は黒色だろうと容易に想像がつきましたが、残る2本の赤い線については、当てずっぽうで赤/黄がブレーキライトだろうと決め付けて接続してみたところ、問題なく作動して一安心でした。

配線したところ

Linecolor

途中でギボシコネクターが足りないことに気づいたり、ついでに家族と買い物に行ったりしたおかげで、取り付けが完了したのは既に夕刻・・・。早速、LEDの点灯テストをしてみましたhappy01

やっぱりLEDの光はスッキリしていて良い感じですねぇ~~

After1

そんでもって、今日は昼過ぎから、久しぶりに箱根経由で伊豆のほうにぶらっと走りに行ったついでに、写真を何枚か撮ってみました。

いつものエコPでパチリ

Ecop

Ecop2

XBに乗っていない人からみれば、ほとんど変り映えしないという意見も出そうですが、とくに後姿はかなりスッキリとして、個人的には気に入っています。もともと小さいBuellがさらに引き締まって見えるような気がします。

伊豆半島横断後に、海沿いで富士山とパチリ

Fuji

仕上げもナカナカ良好ですが、シートレールとは隙間がありますね・・・

(個人的には気にならないレベルです。)

Zoom

というわけで、見た目重視のフェンダーレスキットの装着を完了しましたが、意外と見た目以外の効能もあるようです。

【良くなった点】

・ もともとのフェンダー+テールライトユニットと比較して、かなりの軽量化

・ ナンバープレートがコンパクトに収まったので、バイクカバーがかけやすくなった。

・ 俺のバイクって、走るという機能以外のものが削ぎ落とされた戦闘機みたいheart04っと自己陶酔できる。

【悪くなった点】

・ おそらく雨の日の泥はねが悪化しそうですが、ノーマルも酷かっただけに、気にならないと思います。

| | コメント (26) | トラックバック (0)