ベンリー90(CD90S)

2011年3月26日 (土)

ベンリィ(CD90S)ボアアップにトライ その1

今日はせっかく天気が良かったのに、休日出勤でどこにも行けず・・・coldsweats02 とはいえ、義援金やボランティアなどの直接的な支援活動だけでなく、自分の職場で一生懸命働いて、今後の復興に必要な税金を納めることも大事なことかなと思ったりしながら、働いとりました^^

ところで先日、ピンク富士ナンバーをゲットしたベンリィ号ですが、御想像通りボアアップにトライしたっていう訳ですscissors

もともとワタクシのベンリィ号は公称90cc(実排気量85cc)のエンジンを持っており、平地を60km/h前後で走るには問題無い動力性能がありました。しかしながら、ここ富士山近傍の上り坂はハンバではなく、通勤路の途中で3速全開dashでエンジンをぶん回さないと登れないところがあり、かなりエンジンが辛そう&負担が大きそうなのが気になっていましたweep

また、富士スピードウェイのカートコースをベンリィ号で走ると非常に楽しいのですが、ミッションが4速しかないので、もう少しトルクが欲しいなぁと思っていたわけです。

そんな時、某オークションに新品のシリンダー+ピストンで8000円前後、ヘッド付きでも2万円以下という激安ボアアップキットが出品されていておりました。おそらく、色々手がかかるという噂も多い中華系の部品で、説明書も一切無いというハードボイルドなセットでしたが、手元にはベンリィ号のサービスマニュアルもあるので、なんとかなるだろうと思い切ってポチしてしまった次第ですbleah

これまで、外装関係やメンテナンスなどは自分でやってきましたが、エンジンをばらすのは始めての経験・・・ 若干の不安もありながらも、機械工学系出身のワタクシとしては、ワクワクする気持ちが大きくなりますsign01

届いた激安ボアアップキットの全貌(もちろん説明書や注意書きは一切なし)

01kit

カムとかロッカーアームとかがメカメカしくて、テンション上がりますね~~sign01

02head

増える発熱量に対応するためか、フィンが大きいです。

(アルミシリンダー+鉄スリーブ)

03cylinder

ピストンにピストンリングを嵌めつけます。

(3本のリングの順番に気をつけ、切れ目を120度振り分けて取り付けます。)

04

組み付ける前に、ざっとタペット調整をやっときました。

(0.05mmのシックネスゲージがギリギリ抜けるくらい)

05

準備作業はこれにて完了good 次回はいよいよ、エンジン分解&組み付け編ですhappy01

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

ピンク富士

地震発生から1週間以上たち、民放でバラエティー番組が再開されたことにミョ~~な違和感を感じる今日この頃ですが、被災地の方々はまだまだ大変な毎日を過ごされていらっしゃるようで心が痛みます。何か出来ることをと、Yahoo経由で出来る範囲の義援金を送りましたが、基金の総額が10億円を超えていてビックリしました。復興には全然足りないんでしょうが、皆さんの小さな気持ちが集まって大きくなったんだなぁと少し感動heart02

ここ静岡も地震の余波は続いており、断続的な停電のおかげで、通勤に使っていた御殿場線の終日運休が続いており、車通勤を余儀なくされております。日々のウォーキングでせっかく体力が付いてきていたところなのですが、しばしの中断で再びヘタレに戻らないことを望みます・・・coldsweats02 

極力ガソリンを使わないようにと、燃費の悪い車は駐車場に引っ込め、久々にベンリィ号を引っ張りだして通勤をしているのですが、なにかが違いますよねぇ~~happy01

ピンク富士

02

01_3

事の顛末は、ちょくちょくBlogに書いていこうと思いますhappy02

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

サーキットの羊(ベンリィCD90S、膝擦り編)

台風もようやくどっかに行ってくれたようで、今日は朝から良いお天気でしたsun ここのところ、暑さにかまけて革ツナギをめっきり着ておらず、BKライディングスクールで習得した膝擦りの術も忘却のかなた、風前の灯火・・・coldsweats02 来る9月に生まれて初めてミニバイクのレースの出させていただくこともあり、今日は気合を入れて練習してまいりましたhappy01

とはいえ、昨年の秋に革ツナギを買ったワタクシは、ヒートテックをインナーとして愛用していたため、夏用のインナーを持っておりません。さすがにこの暑さの中でヒートテックを着ると熱中症一直線っぽいので、ネットで夏用の涼しそうなインナーを探し、メイドインコリアのこちらを発見し、一枚2000円ちょっとというリーズナブルなお値段に魅かれて即ポチしたのでした。

MCNのインナー
Mcn

微妙に上下の色合いが違ったり、洗濯したときに染料が落ちたりと、ちょっとした問題はありますが、着心地は良く、汗をかいたあともすごく涼しい感じで、なかなか良い買い物でした。このような高機能繊維は日本のお家芸だったはずなのですが、いまや韓国製品のレベルも上がって増すねぇ~~^^

そんなこんなで練習に行った先は、2回目となる富士スピードウェイのカートコースmotorsports いつものところで記念撮影ですが、今日はミニバイクレースの練習と言う事もあり、通勤快速ベンリィ号を引っ張り出しました^^ マンションの駐車場から革ツナギのフル装備状態でベンリィに乗って出かけるのは、チョッピリ恥ずかしいものが・・・

ちょっと場違いなベンリィ号
Fuji1

暑い夏の日だし、お盆休みだし、サーキットは空いているんではないかと思いましたが、予想外に盛況なようで、多くのトランポが駐車場に陣取っています。トランポなる便利なものの無いワタクシは、サクット駐車場にのりつけ、ナンバープレートを外し、ウィンカーにテーピングして走行に備えますshine

テーピングをすると、ちょっとレーシーな雰囲気^^
Fuji2

カートコースのほうは多くのバイクが走っていますので、まずはミニコースでBKで習ったことの復習と、まさかサーキットに連れ出されるとは思っていなかったであろうベンリィ号の様子を探りますcoldsweats01

得意な左コーナー

決して速くはありませんが(むしろ遅い・・・)、サーキットでのベンリィ号もなかなか楽しいもんです♪ BKライディングスクールのスパーダにも似た感じで、決してバンク角は深くないのですが、まったりとしたエンジンとあいまって膝擦りを堪能できます。

一方、苦手の右コーナーでは、リアタイヤが滑る(というよりは、ダダダァァ~~っと外に流れる感じで、動画の最後にも写っていますが、ヒヤリとするシーンもありましたcoldsweats02

苦手の右コーナー

最初はバイクがおかしいのかと思いましたが、色々試しているとやっぱり乗り方が悪いようです。ベンリィはBuellと違って、タイヤにグリップが無く、車重も軽いため、しっかりとリアタイヤを路面に押し付けてやら無いと、このようなことになってしまうようです。得意の左コーナーでは、右足の太ももをシートにたすき掛けするような感じで、しっかりとリアタイヤに体重を乗っけられているのに対し、右コーナーでは腰のオフセットが足らないのと、曲げよう曲げようと前乗りになりすぎているのが問題みたいです。このあたりを意識しながら、ミニコースとカートコースを走りこみ、大分と左右が同じような感じで曲がれるようになってきました。

S字コーナー

なかなか頑張って走っているつもりなんですが、今日は一台たりとも他のバイクに抜かれることはありませんでした。を抜くことはなく、抜かれる一方でしたcoldsweats01 Buellだったらコーナーで抜かれてもストレートで追いつけるのにぃ~~~smile 乗り手がショボイのを、補ってくれずむしろ足らないばかりのベンリィ号の遅さです・・・。とはいえ、ベンリィ号は、リアタイヤが滑ったりしても軽い車体が幸いして大事にならず、色々なことに挑戦しやすいので、練習にはもってこいのバイクかもしれません。

ちなみに走行後のタイヤはというと・・・
Fujitire

ほんのり端のほうが溶けていますが、ほとんど変わっていないような感じです。1本2000円ちょっとのタイヤでこのパフォーマンス^^ 通勤でもサーキットでもお金がかからないスーパーマシンのようですscissors

意外とサーキットでも走れることが分かった我がベンリィ号shine 心なしか、赤いホンダのエンブレムが輝いて見えるようなsign02 「やっぱりお前も、おやっさん(本田宗一郎さん)のDNAとレーシングスピリットを受け継いでいるんやなぁ」

Fuji3

Fujifin

11時過ぎから練習を開始し、午後の3時を過ぎたあたりで雲行きが怪しくなり、パラパラ雨がふってきました。さすがに濡れた路面は滑りますねぇ・・・。とはいえ、ベンリィ号ならばなんとか走れそうですが、自走で帰るワタクシとしては、夕立でもきてズブ濡れになるのは嫌なので、ここらで退散することとしました^^(我がベンリィ号は雨が降るとエンジンが止まるという、原因不明の不調も抱えていますので・・・)

ちなみに、BKライディングスクールに通って以後、今日が2回目のサーキット走行ですが、左のバンクセンサーがいよいよ危うい感じになってきました。(バンクセンサーが減って、ブーツのスネが削れ始めています・・・) 一方、右コーナーが苦手なのが良く分かるように、右のバンクセンサーはまだまだ大丈夫みたいです。これって、左右入れ替えてつかっちゃっても良いんでしょうか? レースまでに新しいのを買わないといけないかもしれませんねぇ・・・。

Fujikneel
Fujikneer

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

ふんだり~~~けったり~~~な一日

今日は(と言っているうちに、日付が変わったので昨日ですが・・・)、近年まれに見る運の悪い一日でした・・・crying

(1)朝おきると曇りだけど、それほど悪くない天気
(2)天気予報をチェックすると、自宅近辺も職場近辺も一日中曇りcloud
(3)久しぶりにベンリィで出勤だぁ~~happy01
(4)出発して5分も経たない内に、雨がポツリポツリcoldsweats01
(5)職場のある御殿場に近づけば近づくほど、雨は本降りでとうとうカッパを切る羽目に・・・rain
(6)会社で仕事を始めると、なぜか昼ごろからsunで一安心catface
(7)早く帰れば良かったのに、怒涛の残業で会社を出たのが23時前・・・weep
(8)外にでるとお約束の大雨rain カッパ装着で帰路に・・・
(9)途中でエンジンがプスプス・・・down ガス欠の感触・・・coldsweats02
(10)ノロノロ運転&惰性でかろうじてスタンドに滑り込んでセーフgood
(11)やっと家に帰れると思いきや、またもやエンジンがプスプスdown 失火気味で漏電くさい感じsweat01
(12)いきなり2車線の国道の端でエンジンストップshock ライト真っ暗、お先真っ暗・・・wobbly
(13)車に轢かれないように急いで歩道へ避難したいものの、ガードレールでナカナカ歩道に到達せず。
(14)決死の思いで歩道に到着し、キックキックでなんとかエンジン再始動shine
(15)車道に出ようとおもうと、またもやプスプス・・・
(16)しょうがないので、申し訳ないと思いながら歩道をノロノロ前進。家までまだ10キロもあるよぉcrying
(17)そうこうしているうちに雨が小降りになり、ベンリィは調子悪いながらも何とか走れるように・・・
(18)やっとのことで濡れ鼠になりながらも帰宅pout
(19)台所においてあるはずの夕食が無い・・・・sign01
(20)携帯のメールを見ると、嫁さんから「あまりに遅いんだったら、外で美味しいモノでも食べてきたら?」とのメールが・・・(もうチョイ早く言ってよぉ・・・)
(21)いまさらどうしようも無いので、冷蔵庫をあさって何とか腹を満たす・・・typhoon
(22)そして今、Blogにひたすら愚痴るワタクシ

それにしても、ベンリィ号は古いバイクだけに、いよいよ電気系統が怪しくなってきました。機械系のエンジニアであるワタクシにとって、機械モノはなんとか修理できそうですが、電気系の知識は全くなし・・・ これってバイク屋さんで治してもらえるんでしょうかsign02

それと最近、色んな意味で運気とかアルゴリズム的なものが低下してるっぽいです。どなたか、良く効くおまじないとかご存知でいしたら、教えてくださいまし^^ 晴れた週末にBuellで走りまくるのが、何よりもの運気転換になりそうなんですがdespair 今週末も雨っぽいし・・・

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

レジ袋との戦い

先日、レジ袋が熱々のマフラーに絡みつき、ドロドロに溶けてしまったことをご報告しましたが、皆様の暖かいアドバイス&励ましを頂戴しまして有難うございましたhappy01 早速今日、頂いたアドバイスをもとにレジ袋に戦いを挑んでまいりました。

ドロドロマフラー
1

まずは手軽に出来るケミカル系で攻めてみました。シリコンオフ、パーツクリーナー、クレ556など、何種類かの
ケミカルを吹き付けてみましたが、溶けてすぐならば効果があったと思いますが、すでに度重なる熱入れでカチカチになってしまったレジ袋は、思ったよりも強敵なようです・・・crying 心なしか柔らかくなった気がしますので、第二段の攻撃に進みます。

続いてやったのが、いつもマフラー磨きに使っている電動ドライバー+ナイロンたわし(スコーライトホイール)の組み合わせdash 微妙にバッテリーが弱っていたり、スコーライトも新品じゃかなったのが問題かもしれませんが、全く歯がたちません・・・。もとはレジ袋だったはずですが、すでに厚塗りプラスチックのような状態になってますcoldsweats02

しょうがないのでエンジンをかけてマフラーを温めてみたところ、ほんのり柔らかくなるのですが、ふき取れるようなレベルではありません。最終手段として、暖めた状態でスクレイパーでこすってみたところ、バリッと剥がれるように取れることが分かりました。マフラーに傷がつくのは容易に想像できますが、他に手がないので、全体を大雑把に削り取ってみましたsad

なんとか大部分のレジ袋は撤去・・・
2

ここらでバイクにマフラーを取り付けた状態での作業には限界があり、マフラーを冷やしてから取り外し、お部屋に持って帰りましたdash 部屋では400番のサンドペーパーあたりでこすってみたのですが、想像以上に頑固な汚れであまり作業が進みません。どちらかというとネバネバした汚れになってきたので、クレ556を吹きかけてから400番のペーパーで磨いたところ、大分綺麗になってきました。その後、600番、800番、1000番と磨き進みましたが、夕方からのやっつけ作業だったこともあり、完全に傷が綺麗に取れたわけではありませんcoldsweats01

ペーパー掛け終了
3

最後にコンパウンドで磨いて終了sign03 まだまだ不満の残る出来ですが、やりだすとキリがないので、今回は目的の汚れ落としにとどめ、バフっぽく仕上げるのは暇なときの楽しみにとっておくことにしましたbleah

コンパウンドで磨いたもののイマイチ
4

とはいえ、何とか無事にドロドロ状態は脱出することが出来ましたhappy01 アドバイス&励ましのお言葉を頂いた皆様、有難うございましたscissors

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

梅雨の中休み

今日は久しぶりに晴れでしたねぇsun ここのところ、車通勤でストレスを溜め込んでいたワタクシは、早速ベンリィ号で通勤してきましたhappy01 やっぱりバイクで感じる風は気持ちが良いですscissors 車通勤中にめぼしをつけていた紫陽花の咲くポイントでパチリcamera

梅雨時の楽しみはやっぱり紫陽花
Ajisai1

ベンリィ号も記念撮影
Ajisai_2


そんな気持ちの良い一日に事件が・・・coldsweats02 会社で休憩中にふとベンリィ君を眺めると、マフラーに白いドロドロ状のものがベッタリ・・・crying そういえば、会社に行く途中でコンビニの袋が風で飛んできたのを踏んだのですが、運悪くマフラーにひっかかり、ドロドロに溶けしまったようですwobbly

マフラーが悲惨な状態に・・・
Accident

これってどうやって掃除すれば良いのでしょうかsign02 皆様のアドバイスをお待ちしておりますweep ヘルプミ~~~wobbly

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

やっぱりオイル交換って大事かも・・・

タイヤも交換し、通勤快速として復活を遂げつつある、我がベンリィ号happy01 とはいえ、エンジンからの異音(ガシャガシャ、シャンシャン、シャリシャリ)がひどくて、気持ちよく走れるには程遠い状態でした。また、エンジン起動後にアクセル全開になってしまうこともシバシバ・・・。キャブに異物が詰まっているのかもと思いましたが、どうもスロットルワイヤーが痛んでいるのが原因のようです・・・wobbly

明らかに痛みが激しいスロットルワイヤー
Benly2

そこでまず、スロットルワイヤーの交換を行いました。うちのベンリィはキタコのビッグキャブセット(PC20)が装着されており、スロットルワイヤーもハイスロ用のものが必要となります。すでに廃盤になっているかと思ったのですが、ネットショップから数日で入手することが出来ました^^

おニューのスロットルワイヤー
Benly1

あと、ワイヤーの交換をしていて気づいたのですが、ハイスロのホルダーのネジの締め方によっても、スロットルの戻りが悪くなるようで、手前をシッカリ閉めた後に奥側を調整しながらしめるとスムーズに動くようになりました。

続いてオイルも交換することにしました。以前に交換したのは大阪在住時だったので3~4年前。お店で交換してもらったときの次回交換目安距離以内ではあったのですが、ちょっと反省です・・・sweat01 今回は自分で交換することにしましたので、沼津のBYQさんでオイルを物色shine 無難にホンダ純正にしようかとも思いましたが、今回はこちらのオイルをチョイスflair

MOTOREXのFOMURA 4T
Benoil1

このオイルを選んだ理由は・・・
(1)安かった(1600円→1000円)
(2)メイドインスイスだった(スイスって、チョコレートとかチーズとかが美味しいので、オイルも良さそう?!)
(3)容器がプラスチックなのでゴミの分別がしやすい(缶入りのオイルだと、捨てに行くのが大変で・・)

早速交換しにかかりますが、我がベンリィはモンキー用のマフラーを無理やり取り付けているので、ドレンボルトの直下をマフラーが通過しちゃってます・・・。

マフラーとドレンボルトが干渉・・・
Benoil2

しょうがないので、マフラーを外してドレンを緩めたところ、案の定、得体の知れないどす黒い液体がジョロジョロと・・・・aries ベンリィのオイルは0.7Lなので、1本全部を使うこともなくオイル交換完了happy01 早速、エンジンをかけてみると、何と静かなことでしょうsign01 あれほど五月蝿かったノイズがほとんどなくなり、純粋にマフラーからの排気音だけが聞こえるようになりましたhappy01 走りもスムーズさを取り戻し、らくらく60~70km/hで巡航できるようになりました^^ 当たり前ですが、距離に関わらず、年に1から2度はオイル交換が必要ですねぇsweat01 (こんな劣悪なメンテ状態でも壊れないベンリィのエンジンって、やっぱりすごいと思いますが・・・)

というわけで、ここのところは雨さえ降らなければ、会社までの片道20kmをベンリィで通勤しています。やはりバイク通勤ってよいものですね!!季節の移り変わりを肌で感じることが出来ますcherryblossom

通勤途中のヒトコマ(富士山とベンリィって、古き良き日本って感じですね!)
Benly_fuji_1

そろそろ梅雨入りで、しばらくバイク通勤はお預けっぽいですが、これからは平日ベンリィ、週末ビューエルという生活が続きそうです。

P.S. ある日の会社からの帰り道、ベンリィの排気音が妙にビューエルっぽくなったなぁと思っていたのですが、なんと、オイル交換時に外したマフラーが外れかけてました・・・。DIYメンテは安全に関わりますので、気を引き締めないと駄目ですねbearing

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

ベンリィのタイヤ交換(Benly CD90S Michelin M45)

今日(と思いきや、日付が変わってたので昨日でした)はyamatonさんにご挨拶すべく、昼過ぎから西伊豆スカイラインに向かおうと、メットにジャケットにブーツを装備して駐輪場に下りたところで突然の雨rain しばらく待っても止まず、残念ながら西伊豆行きは断念しちゃいましたwobbly とはいえ、バイクモードに入ってしまっているので、何かしたいと思い、となりのXRさんご用達だったマンションの軒下でベンリィのタイヤ交換をやってしまうことにしましたflair

前回タイヤを換えたのは約7年前coldsweats02 まだまだバイク弄りを始めたばっかりで、半日がかりで交換できたと思いきや、チューブに穴を開けてしまって空気がダダ漏れ・・・wobbly 結局、バイク屋さんにトラックで引き取りに来てもらってチューブ交換してもらったという苦い経験がありますsad 今回は無事に交換できるのでしょうかsign02

1.前夜のEVOぶさんの忠告に従い、タイヤのヒゲカット(結構大変・・・)
00_hige

2.フロントブレーキが全く効かない状態なので、パッドも交換しちゃいます。
01_brake

3.フロントタイヤを外すため、エンジンにジャッキをかけて持ち上げます。(自己責任で・・・)
02_fjack

4.タイヤレバーで古いタイヤを外しにかかります。
ベンリィの場合、自転車用のタイヤレバー(金属製)でも十分です。(さすがに樹脂製は折れますよ)
03_tirelever

5.片方のビードが外れたら、チューブを引き出します。
04_tube

6.完全にタイヤを外し、リムの錆をワイヤーブラシで掃除します。
05_rim

古いバイクはリムが錆びたりしてギザギザしており、それがチューブを痛める原因になりかねません。(以前はそのまま取り付けて、チューブをパンクさせてしまった・・・・) ネットを調べると、面白い方法をとっている方がおられたので、参考にさせていただきました。

7.リムのスポーク部分にガムテープを貼り付ける。
06_tape

8.ガムテープの上からリムバンドを取り付ける。
07_band

9.チューブに石鹸水を塗りたくり、取り外し時に穴が開いていないかチェック
ちなみにこれは取り付け時のビードワックスの替わりにもなります。
08_soap

10.ニュータイヤのサイドウォールにも石鹸水を塗りたくり、片側をリムにはめ込みます。
09_new_tire

11.チューブをタイヤにはめ込み、バルブをリムの穴に通します。
ここで軽く空気を入れ、チューブがタイヤ内の正しい位置にセットされるよう調整します。
10_valve

12.もう片方のビードをリムにはめ込み、フロントタイヤの完成です。
写真がありませんが、両手両足を駆使しながら、3本のタイヤレバーではめ込んでます。
11_fine

つづいてブレーキパッド(シュー)の交換もやっちゃいます。以前はDAYTONAのプロブレーキシューという青いヤツを愛用していたのですが、前回交換時には手に入らなかったため、キタコのノンフェードブレーキシューをチョイスしたのですが、これがイマイチ・・・。交換当時から利きが悪く、あまりオススメできる一品ではありません。

13.こちらがまだ溝があるのに全く効かないキタコのブレーキシュー
12_kitaco

14.今回は旧型車の味方sign03 べスラ(Vesrah)のシューをチョイスしました。
溝は無いタイプですが、手触りがシットリしていて効きそうです。
13_veslah

15.フロントタイヤを取り付け、ステップをジャッキアップしてリアタイヤを外します。
交換方法はフロントもリアも同じです。
14_rear_jack

16.リアタイヤも無事に交換し、作業完了です。
15_finish

心配された空気漏れですが、今回は全く無く、無事にタイヤ交換が出来たようです。リムにガムテープを貼ったのと、タイヤとチューブに石鹸水をタップリ塗ったのが功を奏したと思われますscissors

なんだかんだで3時間ほどかかってしまいましたが、作業が終わった頃には雨が上がったので、駐車場の中で軽く乗ってみましたが、やはり7年前のタイヤとは比べ物にならないグリップ感で、安全に通勤が出来そうですhappy01 交換したべスラのブレーキパッドも、まだ当たりの出ていない状態にも関わらず、以前よりは効いているようなので、一安心ですgood

それにしても最近、タイミング悪く雨に降られています・・・rain ゴルファーだった頃は無敵の晴れオトコsunだったのに、ライダーになった今は微妙に雨オトコかもしれませんweep 伊豆方面は晴れだったことを祈るばかりですfuji

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2010年6月 2日 (水)

ニュータイヤ到着(ミシェラン Michelin M45)

先日、象のマークのメッツェラータイヤに交換したばかりだというのに、またもやニュータイヤがお部屋にやってまいりましたhappy01 今度はフランスのミシェランsign03

ミシェラン Michelin M45
Tire1

といってもBuell用のタイヤではなく、最近通勤快速マシ~ンとして復活を遂げつつある、ベンリィ90用なのでありますshine 今つけている同じくミシェランのM35というタイヤが、7年近く経過してひび割れだらけになってきまして、さすがに危ないかと思い、新しいタイヤを物色しておりました^^ 以前のM35は前後別パターンで、しかも見栄張りのために、リアタイヤだけワンサイズ大きくしていたのですが、今回は燃費命の通勤用マシーンとして復活させるということで、前後ともにオリジナルサイズ(2.5-17)に戻すことにしました。

大きなミシェランロゴがいい感じ
Tire2

今回チョイスしたM45は、前後のトレッドパターンが同じ(前輪用と後輪用が共通)なのですが、前後で回転方向を変えることで特性を変えるという、一風変わったタイヤですbearing ということは、ある程度磨耗が進んだ時点で、前後ローテーションができるのではsign02と淡い期待も抱いております^^

なかなかグリップしそうなトレッドパターン
Tire3

価格は驚きの1本2800円bleah 同じバイクのはずですが、Buellの1/10程度の価格で買えてしまいますcoldsweats01 ちなみにこちらのタイヤは今時珍しいチューブタイヤなので、自転車用のタイヤと同じように、エッチラオッチラ自分で交換する予定ですgood 恐ろしく久しぶりのニュータイヤを履いたBenlyの走りに期待です^^

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

Benly90 不調・・・

やっとこ梅雨が明けたのか、久しぶりのお天気で朝から富士山が見えましたsun というわけで、週明けのブルーな気分を振り払うべく、裾野へ引っ越してからは初めてのバイク通勤をしてみましたcar 最近は新しい相棒Buellに心を完全に奪われてしまったワタクシ、めっきり乗らなくなってしまったBenly(CD90S)に乗ってみることにしましたcoldsweats01

案の定、バッテリーはすでに上がってましたempty が、キックを踏み続けること数回、さすが名車カブと同じエンジンだけあって、あっさりエンジンがかかりましたgood ウィンカーの点滅が弱々しいのが気になりますが、とりあえず会社のある御殿場に向けて出発しましたupwardright

走り始めると、今まで聞こえなかったような異音・振動の嵐・・・

(1)アクセルを戻すと、クランクケースあたりから「チリリ~~ン、チリチリリ~ン」

(2)エンジンを高回転まで回すと、車体全体が「ゴォォ~~ブンブンブ~ン」

以前は楽々60km/h巡航できたのですが、今日は上り坂だと40km/hがやっとこcrying メンテナンス不足がたたったのか、ワタクシのBuellへの愛情の注ぎっぷりにヘソを曲げてしまったのか・・・。何とか無事に出社&帰宅しましたが、根本的な修理&メンテナンスが必要なようですsign01

とはいえ、車体周りはDIYできても、エンジン本体には手をつけたことのないヘタレなワタクシにとって、エンジンの異音は荷が重いです。思い切って、噂のシナエンジン(中国製)をオークションで購入すべきか? それともこれを機にボアアップキットを組み込むのか? なんて言いつつ、その予算はどっから出るのか? 悩みがつきません・・・catface

Benly

心なしか機嫌が悪そうなBenlyちゃん

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧